2004年 12月 07日
blogのトップページ考察記
b0050623_10512135.jpgエキサイトブログのトップページをしばらくリロードして、眺めてみた。

おもしろそうなblogがあれば、ネタをパクらせてもらおう、という不純な動機だったりするのだが...30分程度、トップページをひたすらリロードして、おもしろそうなタイトルの新着blogをリンクしてみよう、ということである。

すると、トップページ右側の「新着エキサイトブログ」にしばらく、ずっと”新着”しているヤツが何人かいる。
そこまでして読んで欲しいのか、と微笑ましいのだが、たまにクリックすると内容はそれほどでもないことが多い(と書くと、角が立つかな..?)。

そんな中、「二人の恋の思い出を書き連ねる」的なタイトルのblogが30分間ずーっと新着に出ていた。

毎分、記事を削除しては新たに投稿していたのだろうか?または毎分のように何かを書き連ね投稿していたのであろうか...
とにかく、マメな人である。(30分ずーっとリロードをやってる人に言われたくないだろうが...)

そこまでやるなら、と思ってクリックしようとしたが、マウスのポインタを合わせたところで、ふと気になることがあった。

この「二人の恋の思い出を書き連ねる」の彼or彼女のblogは、
 ①現在進行形の恋愛について書いているのか?
 ②過去の失恋の記憶について書いているのか?
タイトルからは判断ができないのである。

前者(①)の場合は、二人でどこへ行ったとか、「今日はノブ君ご機嫌ナナメ」とか、「ユリちんの手料理はおいちい」とか、書いてありそうで、見ず知らずの第三者が見てもたぶんつまらないだろう。

後者(②)の場合は、失恋した前の彼女・彼氏を忘れたくなくて、思い出を書き連ねているのであろうから、そんなものを見ず知らずの第三者がのぞき見るのも悪い気がする。「去年の今日は、お台場で麻婆豆腐を食べたよね。すっごく辛かった(笑)。でも今年は寂しく過ごしています...」とか、書いてあっても、なんだかいたたまれない。

小心者のワタクシは、結局このblogをクリックしなかったのであった。
彼or彼女のblogはいつまで続くのであろうか。今度見かけたら、おそるおそるクリックしてみることにしよう。

# もし作者の方がこれ(↑)を見ていたら...
# ぐだぐだ書きましたが、一市民の思いつきですので、気を悪くしないでくださいね。
[PR]

by touch-go | 2004-12-07 10:51 | コラム


<< 流行語大賞その後      ドコモショップでのひや汗 >>