2005年 01月 12日
Mac miniに考える日本のパソコン
b0050623_21151468.jpgニュース記事を見ていたら、apple computerから「Mac mini」なるコンピュータ新製品が発表されていた。

"ディスプレイやキーボードを省き基本機能だけに絞り込んだMacintosh「Mac mini」を発表。Mac miniのサイズは非常に小型軽量。"とのことだ。
う~ん、欲しい。

b0050623_21162392.jpgワタクシは以前、Hewlwett Packard(HP)と言う会社の「e-Vectra」というパソコンを使っていた。これは、CD-ROMと基本的な入出力インターフェースのみを搭載し、小型・シンプルにこだわったデスクトップ・パソコンであった。

と、いうことで小型のパソコンが好きなのである。もともと部屋が狭い...というのも理由ではあるが、パソコンごときに部屋を占領されたくない、というのが最大の理由である。

「じゃぁ、ノートパソコンでいいじゃん」という意見もあると思う。実際、一番最初はノートパソコンを家で使っていたのだが、キーボードを動かすと画面も一緒に動いてしまったり、キータッチがカチャカチャしていて気持ちよく使えないというノートパソコンを、家のメインマシンにするのには、やはりイヤなのである。

最近の日本のメーカーは、パソコンでテレビが見れる、とか番組が録画できる、という機能を売りにした多機能パソコンを販売しているが、テレビはやっぱりそれなりの大きさの画面で見るのでどうでも良いし、そもそもテレビを見るのにいちいちWindowsを立ち上げるのが気にくわない。

コマーシャルも、メロリンQの山田太郎と玉木宏という、割と大柄な男性がパソコンの小さな画面に向かって、「見逃したテレビ放送の場面を、ワンタッチで追っかけてみることができる」と、小さなボタンを押して力説している。
木村拓哉が出る方のコマーシャルは、デパートの屋上でパソコンを使っていると、サッカー中継の時間であることに気づき、パソコンの画面で放送に見入り悦に入っているなか、隣から落合監督が「オレ流」などと話しかけてくる...

これらのコマーシャルを見た感想は、残念ながら、あんまり欲しいと思わないです。
パソコンのコマーシャルなのか、高機能テレビのコマーシャルなのか、よく分かりません。

デパートの屋上で思い出すぐらいのサッカー中継なら、自分なら、見逃してしまってもかまわないし、家電売場にでも行けば良いんじゃないか、とか考えてしまう。
心底見たい中継だったのを、デパートの屋上で思い出したのならば、自分の記憶力というか、スケジュール管理能力を疑い、暗い気分におちいってしまうだろう...こうなるとサッカー中継どころではない。
# つい、いちいち、コマーシャルに文句をつけてしまいました。


小型でシンプルなパソコンの話題に戻ると、残念ながらHPはcompaqを買収して以降、e-Vectraを作らなくなってしまった。このe-Vectraはオフィスユースを考えていたらしいのだが、オフィスでは小型のパソコンはあまりニーズがないのかも知れない。

ということで、次にパソコンを買うとき(おそらく3年後ぐらい?)は「Mac mini」もいいな..などと思う、今日この頃なのです。appleに小型パソコンにブームを起こしてもらって、他社が追随するようになると選択肢が増えて良いんですけどね~
[PR]

by touch-go | 2005-01-12 21:24 | コラム


<< 阿佐ヶ谷な話題(その①)      タクシーの運ちゃん >>