2005年 02月 28日
誤解なシチュエーション
b0050623_19444088.jpg先日、お仕事の外出で、井の頭線の吉祥寺駅を使う機会があった。
あの駅を利用したことがある方はご存じかも知れないが、ずらっと並んだ改札口に行くまでに、20~30段程度の階段とその隣にエスカレーターがある。

そのエスカレーター(登り)に乗っていたところ、携帯電話にメールが着信した。取り出して携帯の画面を見ると、上の段にいる女子高生(3人組)がこっちを見ている。

この状況は"盗撮"と間違われている!?と気がついたが、すでに携帯は開いてしまっていて、携帯のカメラは確かに女子高生の太もものあたりを捕らえている、ような持ち方をしてしまっている。

b0050623_19545589.jpgみなさま、こういうシチュエーションの経験って無いですか?
こういうとき、どうやってやり過ごしたら良いのでしょうか....


エレベーターの中のオナラの真犯人と間違われる、電車が遅れて遅刻したのに寝坊したと思われる、学生なのに美容室に行くと「今日はお仕事お休みですか?」と聞かれる、等こういう勘違いならば、笑ってすまされるのですが。

ところで、吉祥寺駅の件は、堂々と"盗撮なんかしていない!"という態度をしていても良いのだが、小市民のワタクシはと言えば...

とりあえず、すぐさまメールの返信をポチポチ打つ、ことにしてごまかした、のである。(別にごまかしちゃいないんだけど)
あとで、この時の返信の下書きを見ると、「井の頭線で渋谷へ行く」などと、訳の分からない"返信"が書かれていた...

多機能化するのは良いことだが、おちおち携帯電話も使えない世の中というのも考え物である。

"盗撮"と言えば、裁判中のミラーマン植草(元)教授であるが、検察側は「懲役4ヶ月、手鏡没収」という求刑をしたそうだ。
"手鏡没収"というのは、気が利いているんだか、なんだか。。。

日本初のテレビタレントとして今もなお活躍中の黒柳徹子氏が、クイズ番組で事前に回答を入手し、不正に商品を得ていたとしたら、「懲役1年、スーパーヒトシくん没シュート」あたりが求刑されるのでしょうか。
[PR]

by touch-go | 2005-02-28 19:57 | コラム


<< 阿佐ヶ谷栄枯盛衰とニート      "Palm"... >>