2005年 08月 23日
七夕から阿波踊りへ
世界の中心阿佐ヶ谷の一大イベント、七夕が終了してはや3週間がたつ。
ふつうなら、夏のお祭りが終わると、どこか気が抜けて「夏も終わりつつある」と感傷的になってしまうだろう。

b0050623_18243144.jpgしかし、阿佐ヶ谷の場合はお隣高円寺の「阿波踊り」が待っているので、まだまだ夏気分が味わえる。
その高円寺と言えば、今年も駅の発車メロディが阿波踊りバージョンに置き換わっていて、期待感が高まってきている。

ただし、阿波踊りが終わると、今度は本当に夏も終わり、という実感が沸いてくる。
見ている方もそうだが、踊っている方もそうなのだろう。

その高円寺阿波踊りでは、クライマックスになると「残り10分」などというアナウンスが、この"おしまい感"を盛り上げ、踊り手はみんな悔いの無いように踊り狂っている。
見ている方も渾然一体となり、何とも言えない雰囲気に包まれるクライマックスは、なんだか感動すら覚える。

b0050623_18245658.jpg高円寺で、これだけ雰囲気が作られると言うことは、本場徳島はこれ以上の雰囲気なのだろうか?

ところで、この感動の舞台にも、キティちゃんが商魂たくましくやってくるのだという。
「高円寺限定 阿波踊りキティ」
国内の観光地の行く先々で○×キティ、がいるので、正直食傷気味であるのだが、ちょっと考え方を変えてみることにした。

ミシュランのレストランガイドのようなモノで、ご当地キティがあるところは、サンリオ社のお墨付きをもらった観光地、ということになる。
サンリオ社が、本来はタイヤメーカーであるミシュランのように、サイドビジネスとして観光地の格付けビジネスに進出する日も近いのかも知れない。

そうすると、まだキティちゃんのいない穴場的な観光地を探し出す楽しみ、とかキティちゃん誘致活動とかが出てくるのだろう。

最近世間からの風当たりの厳しいNHKあたりもこの動きに反応すると、「大河ドラマロケ地どーも君」などもやりかねない。

間違っても「札幌限定 雪祭りゴーヤーマン」とかをやってはいけない。
[PR]

by touch-go | 2005-08-23 18:25 | コラム


<< 中央線リニューアル      七夕祭とバランス >>