2005年 10月 28日
世界の車窓から
またまた、ドイツ旅行の話になるが、旅行の前半、ライン川下りの船に乗った。
リューデスハイムと言う街から、ザンクトゴアと言う街まで、2時間程度の船旅である。

リューデスハイムには、「つぐみ横町」なるワイン飲屋街があり、ドイツの飲んべえ達が集うらしい。雰囲気のある街を歩くと、朝っぱらから地元のおじちゃん達がワインを飲みあさっている。

街並みを写真に撮っていると、「つぐみ横町を示す柱を背景におまえを撮ってやる」と飲み屋の中から友好的なじいちゃんに声をかけられた。撮ってもらって「ありがとう」と言うと、うれしそうにさらにワインがすすんでいる。

出来上がった写真を見ると、若干斜めになっていているものの、良い写真であった。さすがは堅実なドイツ人である。

b0050623_19413781.jpgライン川下りの船乗り場に行くと、思いのほか立派な船である。
室内はレストランになっていて、何かを注文することで席に座れる。

さきほど、街でワインをぐいぐい飲んでいるのを見せつけられたので、こっちも自然と飲みたくなってくる。

ということで、さっそく白ワインをオーダーした。
船の上のメニューと言うこともあり、たいした物が出てこないとタカをくくっていたら、これがうまいワインが出てきた。ビールを頼んだ人も、うまい物が出てきたらしく、さすがはドイツと、また感心する。

昼間っから白ワインを飲んで、顔が真っ赤になったので、酔い覚ましをかねてデッキへ出てみる。

川下りなので乗り心地も良く、ガイドブックにあるとおりに、古城が右に左に次々と現れる。これまた、さすがは世界の観光地である。
見ていて飽きさせないし、そろそろ飽きてくる、というあたりで終点に到着する。

b0050623_1942597.jpg船からふと横を見ると、川沿いを列車が走っており、船を追い越してゆく。
まさに「世界の車窓から」にあるシーンそのものである。

今度はあれに乗ってのんびりした旅行もいいな~、などと思う。

しかしながら、今日も乗ってきているのは日本の車窓、混雑する中央線、遅れる埼京線...なのである。
[PR]

by touch-go | 2005-10-28 19:49 | コラム


<< 小型ノートパソコンの時代      ドイツな週末 >>