2005年 11月 11日
ワクチン注入
ワタクシの勤める会社で、希望する人はインフルエンザの予防接種を受けれるよ、と言う周知があった。
タダ(無料)で予防が出来るのであれば、受けないわけにはいかない。

と言うことで申し込みをすると、こんな文章が書かれた紙が配られた。
インフルエンザHAワクチンの予防接種をご希望の方に
  (中略)
接種後は以下の点に注意してください
①接種後30分間は、アレルギー反応(息苦しさ、じんましん、咳など)が起こることがある...
②副反応(発熱、頭痛、けいれんなど)の多くは24時間以内に出現することが知られている...
b0050623_19245619.jpgなんだか、大変な注射である。

心して指定の病院に行くと..
名前を呼ばれて通された部屋におじちゃんがいる。

「腕めくって~」などと言っているので、この人が医師なのだろう。
白衣を着ていないお医者さんというのも、初めてである、等と考えながら腕をめくるやいなや、さっさと注射をしてしまう。

さっさとやってくれたことはありがたいのだが、なんだか不安...
あいつはちゃんとした医者なのだろうか?
部屋もなんだか雑然としていたけれど、衛生上ダイジョウブなのだろうか?

このあと、体調が悪化しないことを祈る。
と、書いていると、なんだかだるくなってきたような、眠くなってきたような...
[PR]

by touch-go | 2005-11-11 19:25 | コラム


<< 年の瀬の恒例行事      小型ノートパソコンの時代 >>