2005年 12月 08日
年末モード加速中
b0050623_21395832.jpg昨日は比較的早く家に帰れたので、のんびりテレビを見ていた。

「FNS歌謡祭」が放映されており、歌手の皆様に「今年はどんな一年だったか」だとか「来年はどういう年にしたいか」と言うようなことを聞いていた。
まだ今年も20日以上あるのに、はやくも年末モードまっしぐらである。
# できれば、年末モードを振りまくのはもう少し後にして欲しいが...

そんな中、ポータルサイトの「goo」において、「goo 2005年検索キーワードランキング」なるものを公表している。
これは、その名の通りgooの検索エンジンにかけられた言葉を、多い順にランキングしたモノだ。

いろいろ示唆に富む情報が書かれている。
年間総合ランキングについて
 2005年のランキングでは、2004年のランキングにみられた韓流ブームに代わって、学園ドラマ「ごくせん」(55位) でブレイクした「赤西仁」(29位)、「KAT-TUN」(36位)といったタレント・グループ名がランクインしているほか、 2200万人を動員した「愛・地球博」(12位)、9年ぶりに復活した「たまごっち」(22位)など、 今年起きた社会現象に関するキーワードもランクインしています。
 また、2005年の特徴として、インターネットから生まれた流行が多数ランクインしていることが挙げられます。 利用者が200万人を突破した「mixi」(33位)、2ちゃんねるが生んだ「電車男」(58位)など、 インターネットユーザ以外にも広く世間に認知されるようになったインターネット発の話題が多くみられました。
とのことで、韓流ブームはピークを越えたと言うことが、こういったデータからも推察できるのである。

ところで、ランキング上位を見ると、
 1 YAHOO (100)
 2 2ちゃんねる (41.4)
 3 Google (22.9)
 (カッコ内は1位を100としたときの相対的な検索回数)
と、ダントツでyahoo!が1位なのである。

ポータルサイトのgooから、ポータルサイトのyahooが検索される....
何とも悲しい状況である。

ホンダの販売店で、日産の販売店までの道を尋ねるようなモノである。

阪神ファンが集う飲み屋に、ジャビット君の格好で読売新聞を売りに行く、ようなものかも知れないので、本当は怒っても良いのかも知れない。

gooを提供している人たちは、ぜひ奮起してもらってyahoo!のサイトで検索ワード「goo」を入れまくって欲しいものだ。
[PR]

by touch-go | 2005-12-08 21:40 | コラム


<< ブランドにこだわる      ユビキタスコンピューティングと... >>