2005年 12月 16日
容赦ない迷惑メール
先日、このblogに「ユビキタスコンピューティングと水着ギャル」と言うタイトルの文章を載せた。すると、すぐにエロサイト系ブログからトラックバックがついた。
おそらく「水着ギャル」に反応して、自動でトラックバックをしているのだと思うが、タイトルというのは重要である。

ところで、ずいぶん前のことになるが、プロジェクトで問い合せ用のメールアドレスを作成した。そのメールアドレスは、問い合わせがあると関連するメンバーに同報するように設定してある。

6月末と11月に入り、仕事で行ったプレスリリース等に、この問い合せメールアドレスを記載したのだが、届くのは迷惑メールばかり...
(中には、ちゃんとした問い合わせもあるのですが、ごくまれにそういうのが届くとホッとしてしまうのです。)

b0050623_1835561.jpg
問い合せ窓口に届く迷惑メールも、見ていると傾向がつかめてきた。
大きく分けると、ソフトウェアの通販に関するものと、出会い系・エロのものがあるようだ。

まず、ソフトウェア通販は、amazon.comそっくりの画面構成のWEBメールが多く、Windows xp professionalが、49$などという破格の値段が書かれていたりする。
「カスタマーレビュー」で、★が5つついていたりするのもあり、なかなか巧妙である。

おそらく、カード番号を取得するのが目的なのだろうが、このパターンのメールはほぼすべて英語であるので、日本人はなかなかだまされないのではないだろうか。Windows xpがダウンロードで購入できる、と言うのもよく考えると不思議な状態である。

出会い系メールについては、2つの流行があるようだ。
  1. 出会い系サイトの利用料が今なら無料!とか、5,000円分の利用権をあげる、と言うもの
  2. セレブの女性からあなたに指名があったので、返信してあげてくれ、と言うもの
どうやら、出会い系でも"セレブ"は人気らしい。

この2.の方の文面は、なかなか楽しい。
セレブというのが、だいたいが"30代を過ぎた人妻"、もしくは"バツイチ女性"であり、高収入の旦那が構ってくれないとか、美容室を経営しているからカネが余っているとか、そういうシチュエーションが設定されている。
小遣いを上げるから私とデートして、と言うような文章が展開され、URLが記載されているのが王道だ。

最近になって、セレブ以外のこんなメールも多くなってきた。
  • 「【みちよっち】さん以外ギャル・OLもイブ×2・イブ・クリスマスの三日間にむけて猛ダッシュ!」
  • 「特にクリスマスに1人ってーのは女子大生のプライドが許さないね。」
  • 「今回のキャンペーンで12月24日午前0時までにカップルが成立した組、限定3組、抽選で元日HAWAI旅行プレゼント!!」
b0050623_1840315.jpg若干、意味不明なものも含まれるが、こんな大量のエロメールからも年の瀬が近づいてきたことが伺えたりするのが楽しい。

特に最後のヤツは、24日にカップルになったら翌週ハワイと言う無理めの設定、かつよく見ると綴りが「HAWAI」と、"I"が一つ足りていない。
鳥取にある「羽合」あたりに連れて行かれるのだろうか。
[PR]

by touch-go | 2005-12-16 18:40 | コラム


<< ネスプレッソな朝①      ブランドにこだわる >>