2006年 03月 27日
イタいバナー
イナバウアーではなく、痛いバナー(広告)の話題である。

b0050623_18581859.jpg日経のwebサイトを見ていたら、ケーブルテレビのJCOMと小売りのイオンが業務提携することが発表されていた。

"イオンが販売するテレビとジュピターのテレビサービスのセット商品を販売する予定"なのだそうだ。

先日もオリジン弁当との業務提携が発表されていた。過去をさかのぼるとマイカルの再建に手を差し伸べたのもイオンだった。

まさに、業務提携の駆け込み寺状態である。

次にイオンが業務提携をするのは、どこなのだろうか。
JALあたりと"機内食でイオンのトップバリューシリーズを出し、ジャスコで航空券が買える"と言った内容で提携したりするとさらに驚くのだが。

ところで、この日経のサイトにあったバナー広告にびっくりした。

b0050623_1952055.jpg黒澤監督の顔に画びょうを刺しまくっている、なんと不謹慎なバナーなんだ!
...と思ったら、よく見ると、どうやら歯車で「つくろう。」と言う文字を作り、巨匠の顔に重ねてあるようだ。
(それでも、意味がよく分からないのだが..)

一度画びょうに見えてしまうと、なかなか先入観は変えられない。
この図は、まさに「メッタ刺し」である。

できれば、このバナーはデザインを変えた方が良いと思うのだが、いかがだろうか。
[PR]

by touch-go | 2006-03-27 19:07 | コラム


<< グルメな中学生      オークション詐欺をかいま見る >>