2006年 04月 05日
阿佐ヶ谷新生活ガイド【生活編その①】
b0050623_14332067.jpg東京では桜もそろそろ見頃を終え、浮かれ気分で始まった4月もようやく落ち着いてきた。
電車に乗っていると、新社会人らしい男女も長い休みからなんとか生活を切り替えつつあるように見える。

そんな新生活が始まる4月、阿佐ヶ谷にすみかを構え、生活を始めた新入生や新入社員も多いことだろう。
ここでは、そんな阿佐ヶ谷ビギナーに、阿佐ヶ谷における新生活を送る上でのちょっとしたガイドを老婆心ながらまとめてみたいと思う。

  • ティッシュペーパーが無くなりそうになったら、土日の駅前に向かえ
    週末、阿佐ヶ谷の駅前を北口から南口へ、パールセンターに少し入り、また帰ってくる、と言う行路を取れば、配布しているティッシュでかばんが一杯になるハズだ。

  • ひとり寂しくテレビを見るのが嫌なときは、パールセンターへ集合せよ
    スポーツの中継などを週末ひとりで観ているのが寂しいと感じた場合は、パールセンターの「まや商会」の店頭に行こう。昭和30年代の街頭テレビさながらの状態で、多くの人が中継を見入っており、水道橋のベースボールカフェ以上にライブ感が共有できる。
    気が付くと福留のホームランについて、見ず知らずの人と議論をしてしまっている自分に気が付くはずだ。

  • ジャズ・バーに行く前には予習を行うこと
    阿佐ヶ谷にはジャズ・バーが多く、各店こだわりのジャズを聴かせている。概ね初心者には優しい店が多いものの、即興で演奏するというジャズのリクエストを受け付けた際に「ミッキーマウスマーチ」をオーダーしてしまうのは、あまりにも世間知らずと言うことになる。
    場合によっては店から出入り禁止にされてしまうことになりかねないので、せめてジャズストリートのホームページぐらいはチェックしてから、訪問するのが礼儀と言うものだ。
    基本的には、初心者である自分にあなた様のお知恵を伝授してください、というパターンが主流となるものの、これはこれで結構気を遣うことである。慣れない人は、タクシーで運ちゃんとの会話を持たせる練習、などを行っておくとベターだ。

  • 犬ぎらいははやいうちに克服せよ
    阿佐ヶ谷パールセンターを歩いていると、かなりの大型犬に出くわす可能性がある。しかも、黒いのやら白いのやら何頭かの大型犬が阿佐ヶ谷には存在しており、いつ面と向かい合うことになるかは予測が付かない。
    特に男性の場合、彼女を初めて阿佐ヶ谷に招待したようなときに、パールセンターをのしのし歩いている犬を怖がってしまったら、彼女から失望の眼差しを受けてしまうことは避けられない。
    二子玉川の「いぬたま」は閉園してしまったものの、ここは伊東にある「ドッグフォレスト」あたりで、はやいうちに犬嫌い克服の強化合宿を行っておくべきである。

これらは、阿佐ヶ谷で生活する上での生活の知恵のごく一部であるものの、これらのことに注意を払い、一日も早く充実した阿佐ヶ谷ライフを過ごしましょう!
[PR]

by touch-go | 2006-04-05 14:43 | コラム


<< 阿佐ヶ谷新生活ガイド【生活編その②】      国境のトンネルにまつわるエトセトラ >>