2006年 08月 17日
その他のスイス事情(スイス旅行記⑤)
スイス旅行の諸々について、ぐだぐだ書いてきたが、今回はその他諸々気がついたこととして、スイスへの出入りの事情について書き留め、総仕上げとしたい。

b0050623_13545419.jpg日本からスイスへは、スイス・インターナショナル・エアラインズ(LX)と日本航空(JAL)が直行便を飛ばしている。
昨年までは、お互いに提携をしており、コードシェア便として互いの便を融通していたのだが、この5月にLXが「スターアライアンス」に加盟して、「スターアライアンス」メンバーである全日空(ANA)とコードシェアを始めた。

LXの飛行機に乗ると、LXの客と、ANAのコードシェアの客と、JALのコードシェアの客とが一緒くたになり、なんだかよく分からない状況で空を飛んでいる。

LXは、「スターアライアンス」加盟に伴い、来年からJALとの提携を打ち切ってしまうため、JALを普段使う利用者からすると、スイスに行く際に、例えば以下の2つのような場合に利便性が低下してしまうことになる。

今回の旅行では、スイスからの帰りは、フランクフルト空港までLXを使い、そこからJALに乗りつぐ行程であった。
7月時点ではLXとJALは提携関係にあったので、チューリヒ空港では成田までスルーでチェックインができ、荷物もスルーで送ることが出来た。
来年以降こうしたケースがどうなるのか心配であり、おそらくフランクフルト空港では乗り継ぎカウンターの利用が必要になるのだろう。

また、JALの直行便は6月から9月までしか就航されておらず、それ以外の時期はLXの便にコードシェアで乗ることができ、マイレージをためることが出来た。
これが来年以降コードシェアが無くなり、秋から春にかけては直行便でJALのマイレージが貯められないことになる。
これに関しては、「乗り継ぎで行けば良いじゃないか」と言われそうだが、直行便が飛んでいる区間では、なるべく直行便に乗りたい...のだ。

来年以降、スイスへの足がどのように変革して行くのか、何も変わらないのか、気になるところである。


b0050623_13553011.jpgローザンヌ(Lausanne)から、レマン湖(Lac Leman[Lake Geneva])の対岸の"水"で有名なフランスの街エヴィアン(Evian Les Bains)へは、船を使って30分程度で行くことが出来る。
湖の対岸はフランスであるので国境を越えることになり、ガイドブックには、エヴィアン側でパスポート・コントロールが有り、パスポートを携帯していないとそのままスイスに帰らされる、と書かれていた。

ローザンヌのウシー地区(Ouchy)の船着き場には、ジュネーブやモントルーなどその他の行き先の船も多く集っている。
係の人にエヴィアン行きの船はどれか尋ねると、いくつか停泊している船のうち、「レモン号」に乗れ、とのこと。
なぜ"レモン"なのか不思議に思い、ヨーロッパの人のネーミングセンスを疑いながら探していると、これは「レマン号」の間違いであり、自分のヒアリングのセンスの方がよっぽど疑わしいのだった。

気を取り直し、船に乗り込み晴天の元レマン湖のクルージングを楽しんでいると、すぐにエヴィアンに着いてしまう。
船を下りるときにいよいよ国境越えと意気込んでみたのだが、何のチェックもなくフランスに入れてしまった。

どうやら、まわりをEUの国に囲まれているためなのか、スイスからの入出国については、陸路・水路経由では厳重なパスポートチェックは行なわれていないようである。


b0050623_13562486.jpgさて、今回のスイス旅行のことを、鉄道の旅を中心に、なるべくガイドブックには載っていないような切り口でダラダラ書いてきた。
気がつくと今日は8月17日であり、日本への帰国の途についてから、はやひと月が過ぎてしまおうとしている。

とは言え、まだまだ日常生活への"リハビリ"の途上であり、ときどきスイスの風景やこじゃれた街並みを思い出すと、仕事のことを忘れ現実逃避してしまう、そんな今日この頃なのである。
[PR]

by touch-go | 2006-08-17 13:57 | コラム


<< 栄光のワールドチャンピオンマシン      スイスの公共交通事情(スイス旅... >>