2006年 10月 02日
なみすけ登場!
杉並区のホームページを見ていたら、「すぎなみアニメキャラクター」なるモノが決定されていることに気がついた。

b0050623_0422828.jpgその名は「なみすけ」
秋田から沖縄まで281件が一般公募により集まり、厳正な審査の上、決定されたとのことだ。

遠くからわざわざ応募してくれて、杉並区は幸せ者である。
(秋田から応募された作品が、「きりたんぽ坊や」とか「マタギくん」とかだったりしたら、前言は撤回である)

ホームページによる解説には以下のようなことが書かれている。
「なみすけ」は、遥かかなたの海の島に住む恐竜のような妖精です。
ある日、船に忍び込んだことがきっかけで東京湾にたどり着き、故郷に似た緑豊かな杉並区に住み着きました。
なんだか苦しいキャラクター設定である。
"海"を起源とすることでサザエさんが想起され、「波平」と「ノリスケ」を足して2で割ったようなネーミング、のようにも感じる。
ちなみにサザエさんは、お隣世田谷区生まれの代表的キャラクターでもある。

応募者のプロフィールを見ると「杉並区久我山在住(東京藝術大学2年生)」とのこと。
なんだか、アニメキャラクターそのものよりも、応募者のプロフィールによって決定されたんじゃないのか、とうがった見方をしてしまう。

「杉並区高井戸在住(国会議員)」とか、「杉並区西荻南在住(カリフォルニア大学美術建築学部教授)」とか言うプロフィールの人が応募していたら、どうなっていたのだろうか??

...いや、けっして応募者のプロフィールなど気にせず、作品本位で決定されたに違いない。

そんなことを'06年度下半期の始まりに考えさせられた。
[PR]

by touch-go | 2006-10-02 00:48 | コラム


<< うどん屋直行バス      栄光のワールドチャンピオンマシン >>