2007年 09月 20日
ナウいローソン
自分が勤めている会社に来年の4月に入社する現役の大学4年生が、インターンというか事前学習を兼ねて週に数回アルバイトとして働いている。

なぜか自分がそのうち1人の指導担当になり、仕事を手伝ってもらっている。
彼は素直で何事も吸収が早く、正直よその会社でもっと実力を試した方が良いんじゃないか、などと思ってしまう。

雑談をしているうちに、屋久島の縄文杉の話題になり、その幹の太さが、通常の杉の3倍のさらに倍ぐらいあるという話になった。
そこで、すかさず「倍率ドン!さらに倍!」と“クイズダービー”の定番ワードを言った30代の人がいたが、これは完璧にオヤジギャグである。
大学4年生の彼もこのフレーズは知っていたらしく、笑っていたが、この辺の“80年代ワード”は、おそらく知らないだろう。

代表的な“80年代ワード”である「ナウい」というワードが流行って20年近くが経つ。
なお、ATOKでは「ナウ委」などと変換されてしまう通り、すっかり死語となったワードである。
(そういえば、「死語」というワードも死語化している気がする...)

80年代後半は、この「ナウい」が新聞記事でも多用されていた。
1988年8月18日(木) 東京読売新聞 朝刊

東京で、いや全国で今一番ナウい電話局が、若者の街・渋谷区代官山にあると聞いて出かけてみた。NTT渋谷電報電話局の「THE B(ザ・ビー)」(池田文夫局長)である。最新OA機器を備えたレンタルのビジネスデスクやチケットビューローもあるフロアには、やわらかなBGMが流れ、カフェでは友達同士が自分の好きな電話機でおしゃべりを楽しんでいる。オープン以来二か月。従来の電話局のイメージをがらりと変えた電話局は、連日大勢の見学者がつめかけるにぎわいを見せていた。

◆カフェ、OA…イメージ一新◆
 「民営化から丸三年。完全に民間企業に脱皮したNTTが、本格的なサービス改善に取り組んだ表れがこの電話局です」。同局業態開発グループ主査・藤井利昭さん(28)が胸を張る。さらに「電話だけでなく、コミュニケーション中心の商品、サービスを売るのがこれからのNTT」とPRも忘れない。Bはベスト(最善)のイニシアルとか。
 従来の電話局ならば、ごく普通のカウンターがあるだけの一階フロアは、全体に落ち着いたグレーの色調で統一され、いくつかのコーナーに区切られている。その一つ、カフェの大きなテーブルには十九個の電話ジャックがあり、コーヒーを飲みながら電話できる。友人と電話で話す若い女性のすぐ横で、ファッション関係らしいヒゲの男性が、仕事の電話をかけていた。
 カフェの隣には、公衆ファックス、電報受け付けのほか、コピーサービス、チケット販売もするカウンター。その奥には、一時間千六百円から二千円で電話、ワープロ、パソコンなどのOA機器を自由に利用できる賃貸のビジネスデスクが三卓ある。うち二卓にはオーディオ機器の備えも。

 ガラス越しに見る表のテラスには、電話機やコイン・ファックス、テレホンカード販売機など六つの円筒形ボックス。相談・料金支払いカウンターも、客のプライバシー保護を考え、個別に仕切るなどアカ抜けたデザインで、旧来のお役所のような雰囲気はまったくない。銀行や郵便局に比べて電話局は、それほど頻繁に利用するという場所ではないが、“街の情報拠点”として未知数の未来があることは確か。だから、「電話局の大変身」と騒がれている同局には、六月十三日のオープン以来、電力、ガス、JRと全国からの見学者が引きも切らない。

 ふと立ち寄った女子大生らの仲良し三人組は「おしゃれなのでびっくり」と目を丸くしながらも、「もう少し早く変わってもよかったのでは……」とちょっぴり皮肉も。
 「激しく変化する情報社会の中で、将来の電話局サービスを模索する一つの試み」というNTTでは、全国千七百局のうち、「THE B」に続いて福島市で、地方局のモデル作りを進めている。今後全国で、同じような模様替えが進みそうだ。
b0050623_101818.jpg1時間1,600円~2,000円でパソコンが使える、というのは、昨今のネットカフェ感覚からすると高い。

その、「THE B」が存在した「ナウい」電話局には現在ナチュラルローソンが入っている。
ナチュラルローソンというのは、健康志向を店舗経営に反映した、ローソンの中でも「ナウい」業態である。

NTTはこの20年の間に自分たちで新事業を始め、事業多角化をするよりも、不動産業として他の事業者に場所を貸した方が儲かると判断したようだ。

「THE B」は20年の歳月で無くなってしまったが、ナチュラルローソンの入っているNTTビルには「Bフレッツ」の看板が掲げられており、「B」の魂は引き継がれている様子である。
[PR]

by touch-go | 2007-09-20 01:07 | コラム


<< 海を見に行く      最近UFOが話題にならない >>