2007年 11月 15日
ロイヤルな出張
b0050623_11492032.jpg今度、北海道へ出張に行くことになった。
大阪への出張などは、ときどきあるのだが、北海道への出張というのは初めてである。

飛行機で行っても良いのだが、せっかくなので寝台特急に乗っていくことにした。
札幌へ向かう「北斗星」という夜行列車には、「ロイヤル」という1人用の豪華個室寝台がある。

これの予約をしようとみどりの窓口に行くが、1編成に4室しかなく、年中人気がある個室と言うことで、出発日が平日であるものの当然のごとく「空室無し」と言われた。

「無し」と言われると、なんだか悔しいモノである。
と、言うことでまだ出発まで数日あるので、ときどきみどりの窓口に行っては、キャンセルが出て空室があるか確認をするようになった。

そういう努力は報われるモノである。

と、言うか何事もキャンセルする人はいるのである。
せっかくの予定を何らかの都合でキャンセルした人には申し訳ないが、その分堪能してこようかと思う。

ネットで調べると、この「ロイヤル」では、ウェルカムドリンクとしてハーフワイン1本とウィスキーのミニボトルが出るらしい。
シャワーやトイレまで個室内にあり、何よりもそのまま寝ることが出来るので、飲んだくれることが可能だ。

なんだか、“出張”はどうでも良くなってきた...
[PR]

by touch-go | 2007-11-15 11:49 | コラム


<< ロイヤルだった出張      遠吠え >>