2008年 02月 25日
不思議な街・ニューヨーク
b0050623_21194257.jpg先日の出張では、アメリカ・ニューヨークにも行ってきた。
自分の中でのニューヨークと言えば、80年代の荒廃したイメージが何故かあり、これは、落書きだらけの地下鉄、ゴミだらけの街並み、盗難事故や殺人多発エリア、というものであった。
同時多発テロの発生も、そんな悪いイメージを増幅させていた。

行きのJALの機内では、隣の席に半端無いアメリカ人のデブが座り、フライトの間もツライ時間を過ごすことになり、脳内のニューヨークが「デブが往来し治安が悪く汚い街」になったのである。

このデブ氏は、真冬であるにもかかわらず、Tシャツ短パン姿で現れ、成田空港離陸前にコーラとポテトチップスを平らげるような、良くも悪くもアメリカのデブという感じであった。
書き出すときりがないのでデブの話題はこの辺にして、とにかく嫌々出張に行ったのだが、着いてみてびっくりすることになった。

まず、街並みが、そこそこきれいなのである。
くすんだ色合いのビルが多いのだが、落書きもほとんど無く、ゴミも落ちていない。
地下鉄も落書きが無く、利用者もいたって普通の人たちである。

そして、歩く人たち(ニューヨーカー)がすらっとしていて、みな格好良いのである。
ミーティングで会う人たちも、スマートな人が多く雑誌に出てきそうな“ビジネスマン”そのものであった。

機内で隣に座ったようなデブはまったく見かけない。彼はいったいどこに消えてしまったのだろうか。

会社の先輩が勧める「パストラミサンド」というニューヨーカーが愛するというサンドウィッチを食べにいった。
オーダーすると、パストラミという塩漬けしたベーコンのようなもののみが大量に挟まったサンドウィッチが運ばれてきた。

まぁ、はっきり言っておいしくは無い。
そして、こんなものを食べると太るはずなのだが、街行く人はスリム...

ニューヨークは不思議な街である。

週末、セントラルパークに行くと、びっくりするような数の人がランニングをしている。
どこかのマラソン大会のような状態になっているではないか。

普通に考えると、平日はパストラミサンドのようなものを思い切り食べ、週末はダイエットをしているのだろうが、それだけではない何かがニューヨーカーを走らせているように感じた。
[PR]

by touch-go | 2008-02-25 21:20 | コラム


<< なんで私が...      出張三昧 >>