2004年 11月 13日
廃止された路線バス
b0050623_10294634.jpg少し前になるが、秋の紅葉シーズンと言うことで、東北に旅行に行ってきた。(実を言うと、遅い夏休み、に当たるのだが...)
旅行などのイベントに合わせて、つらつら書くのはblogの定番であるので、それに倣って私も旅行の話などを書き連ねてみたい。

日頃の生活から離れ、のんびり過ごす、と言うのが今回の旅行の目的である。行って帰ってきた感想としては、いささか地味ではあるが東北地方はかなりこの目的に合致していた。

紅葉を見て、温泉に入り、美味いモノを豪快に喰らう。あまり欲張らず、いくつかの箇所をうまく回れるようにプランを立てた。
うちには車が無いので、レンタカーを借りるか、電車・バスなどの公共交通機関を使わざるを得ないのだが、恥ずかしながらワタクシは免許を取得してから、かれこれ10年近くハンドルを握っていない。
レンタカーは、事故っていくら大破しても一度は保険がきくようなことを聞いたことがあるが、まぁ必然的に公共交通機関を使うことになり、便利がいいとは必ずしも言えない東北地方の公共交通を組み合わせる、パズルのようなプランニングを行ったのである。
とは言っても、乗り継ぎ時間が3分以内、等と上級者向けパズル的なプランを作ると、見知らぬ土地ではリスクが大きいので基本はのんびり、と言うところを忘れてはいけない。

一日に3往復の路線バス、などを行程に組み入れて一筆書きでスポットをうまく回れるプランを作るのは、これが結構楽しい。
(別に好きこのんで一日3往復の路線バスに乗りたいわけではないが、一筆書きするのにちょうど都合の良いところに限って、一日3往復だったりする。)
そして、現地でそのバスがプラン通りにちゃんと時間通りにやってきて、何事もなく目的地まで自分を運んでくれたとき、の感動がたまらない。
こういうとき時間をちゃんと守る日本の公共交通はすごいし、このお国柄って良いなぁ、と心底思う。

今回の旅行には、1日3往復の路線バスを1回、1日5往復のローカル線を1回、プランに組み入れてみた。
ひとつは、青森県にある「不老ふ死温泉」というところの最寄り駅である「艫作駅(へなし、と読む)」から秋田(正確には能代)に出るローカル線。
もうひとつは、岩手県の「小岩井農場」から「つなぎ温泉」を結ぶ路線バス、をチョイスした。

それにしても、こういうときにインターネットはやはり便利である。
特に後者の路線バスに関しては、当初小岩井牧場から雫石を通り「鶯宿温泉」と言うところへバスで出ることを考えていたのだが、このバスが廃止されていたことがネット上に出ていた。

この「廃止されました」という情報を見逃していたら、当日農場で途方に暮れていたところである...が、それはそれで楽しかったかも知れない、等というのは何事もなく無事に帰ってきたから言える感想である。

# そもそも、このバス路線は雫石町の公式ホームページに時刻表が掲載されていたので、「鶯宿温泉」に行くことを検討したのだけど、町の公式ホームページが廃止されたバスの時刻表を掲載していちゃマズいですよ。

まぁ、なんだかんだ言っても、無事に「つなぎ温泉」へ行くことができたし、温泉宿のお湯が良かったことはもちろんのこと、料理もうまかったので良しとしましょう。
[PR]

by touch-go | 2004-11-13 10:31 | コラム


<< 羊たちとのふれあい      イシゲ・リーグとお香の香り >>