カテゴリ:コラム( 152 )

2007年 05月 16日
はちみつに関するエトセトラ
b0050623_18581265.jpg先日、「純粋はちみつ」に関するニュースが話題になった。

改めて記すと、「純粋はちみつ」と表示された商品について、社団法人「全国はちみつ公正取引協議会」が、定期検査で人工甘味料などが混ぜられた商品を見つけたにもかかわらず、警告に基づく再調査や、公正取引委員会への報告を怠っていた、と言うニュースである。

「全国はちみつ公正取引協議会」は公正取引委員会の天下り先であることに加え、主な収益源であるはちみつ生産者には逆らいづらい状況や馴れ合い関係を問題視する記事やニュース番組もあった。

たしかに、商取引を厳しく管理する公正取引委員会の関連組織での、ずさんな馴れ合いの状態を見ると、"あのネズミ"を模倣した中国国営の遊園地を批判してばかりもいられない。

読売新聞などでは、『「はちみつはチェックも甘い」ではしゃれにもならない』などと、うまいことを言っている。


ところで、「純粋はちみつ」で思い出したのだが、おそらく90年代前半のちびまる子ちゃんが第一次ブームを迎えていた頃に、こんなジュースが販売されていた。

ちびまる子ちゃん 100%天然果汁 アップル&ピーチジュース はちみつ入り

当時は、「100%ジュースにはちみつが追加されている」とアタマでは理解していつつも、まだまだアホだったので、「はちみつが入っていたら100%じゃ無いよ!」という気持ちが勝っていた。

前述のニュースに照らし合わせると、このジュースは「純粋はちみつ 甘味料入り」的な言い回しをしていることになり、10年以上経った今、なんだか解せない気持ちを新たにするのであった。


このジュースについて過去の記事を検索すると、「日経セレクトプロダクツ」なる雑誌にこの製品についての記述が見られた。

当時のポッカは売上に占める缶コーヒーの割合が高く、新規分野の開拓をすべく果汁飲料の分野に進出したのだという。
果汁飲料分野では後発であり、一気にブレークさせるために、テレビアニメの主人公「ちびまる子ちゃん」とのタイアップと認知度の獲得をはかり、これがうまく行ったのだそうだ。

しかしながら、この記事では「ちびまる子ちゃん」のキャラクターとしての人気のかげりにも言及しており、『いずれにしても昨年のような「ちびまる効果」は期待できそうにない。』などと書かれている。

前述の読売新聞と言い、この記事と言い、はちみつが絡むと、ついうまいことを言いたくなってしまうのだろうか。
[PR]

by touch-go | 2007-05-16 18:58 | コラム
2007年 05月 09日
ドコモ2.0と核問題
9日(水)の日経新聞を見ていると、NTTドコモが『ドコモ2.0(DoCoMo2.0)』なる一面広告を出稿していた。
渋谷駅などでも、大きな広告を見かけ、どうやら大きなキャンペーンを始めるらしい。
b0050623_22534536.jpg
『ドコモ2.0』は、ドコモが変わると言うことを端的に示したメッセージだそうである。

半年ほど前「2.0はいつまで持つか」という内容について、つらつらと書いたが、いまだ「2.0」はフレッシュなワードであるらしい。

「改革」という言葉がいまだに政治家や多くの企業で"流行っている"のを見ると、案外「2.0」という言葉も日本では今後も安泰...なのかもしれない。

ところで、ドコモは『そろそろ反撃をしてもいいですか?』などと言っている。

ただ、渋谷の駅でこの広告の赤い星を見て、非核化の問題で揺れる"あの国"を思い出し、ついこんなものを想像してしまった。
b0050623_22543887.jpg
そういえば、昨年の夏も放たれたミサイルが日本を横断する騒ぎがあった、などとまるで夏のような陽気の下で思い出してしまうのであった。

(こんな文章を書いたモノの、論争を引き起こす気はありません。ただ、なんとなく思いついたことを書いてみた、と言うことで笑い飛ばしてください。)
[PR]

by touch-go | 2007-05-09 22:57 | コラム
2007年 05月 08日
なぜ9日前に...?
昨日(5月8日(火))の日経新聞朝刊に、こんな広告が掲載されていた。
b0050623_1463446.jpg
「今日はいなりを作ろう!」と提案があり、その下には「毎月17日はいなりの日」と書かれている。
しかしながら、「今日」は「17日」ではないのだ。

"いなりの日"がいつであろうが、今日はいなりを作れ、と言うことなのか。
「今日はおせち料理を食べよう、正月じゃないけど」的な違和感を感じる。

小さな広告であるが、ゴールデンウィーク明け2日目に、なかなか考えさせる広告である。

広告を出稿している「みすずコーポレーション」は、長野を拠点とする食品メーカーであり、企業理念を説明するページでは、「人々の心に微笑みが浮かぶ食生活を提案していきたいと考えています。」などと書かれている。
"微笑みが浮かぶ"ことを狙った、知的な広告、なのかもしれない。

もしかしたら、今後毎日広告が連載され、17日に壮大なクライマックスを迎える、のだろうか...

9日(水)以降、日経新聞に注目してみたい。
[PR]

by touch-go | 2007-05-08 22:48 | コラム
2007年 05月 07日
ゴールデンウィークを振り返る
b0050623_1623566.jpg「サザエさん症候群」と言う言葉がある。
Wikipediaによると、『「サザエさん」を見た後、翌日からまた通学・仕事をしなければならないという現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の俗称である。』と解説されている。

昨日のサザエさんを見ているとき、なんだか終わりつつあるゴールデンウィークの感傷に浸ってしまった。
Wikipediaには、『特に、エンディングを見ている時が最も症状が出やすい。』とも書かれている。
自分も「ル~ルル、ルルッル~♪今日もいい天気~♪」のあたりで"症状"が出た。

ともあれ、ゴールデンウィークが終わってしまった。

このゴールデンウィークに達成したことと言えば、いまさらながら24(Twenty-Four)を見たこと、ぐらいだろうか。
(と言っても、"season1"と呼ばれる最初のシリーズしか見ていないが..)

24と言えば、2003年にDVD化され日本でブームになった米国ドラマであり、ブームに乗り遅れること4年で初めて見てみた。
おそらく、多くのblogで評価がされているだろうから、あえてここでは詳細な感想は書かないが、続きを見たくなるような話の構成は、存分に楽しむことが出来た。

今日出社し、24を見た話をしても、もうブームは過ぎてしまっており、いまいち盛り上がらなかったのが残念である。

米国ではゴールデンウィークは関係なく、MicrosoftによるYahoo!の買収交渉などと言う、びっくりニュースが入ってきたが、これはどうやら決裂してしまったようである。
いわゆるWeb1.0企業同士の合併と言うことで、お互いに生き残りを賭けている様子である。
Yahoo!も、買収される側として一度名前が挙がってしまったため、今後はツライだろうなぁ。

そんな5月であるが、阿佐ヶ谷で見かけた彼は、寝ころぶ幅が確保できれば、ゴールデンウィークもWeb2.0も関係ない様子である。
b0050623_15561933.jpg

[PR]

by touch-go | 2007-05-07 16:03 | コラム
2007年 05月 06日
5月5日の新宿
b0050623_1122785.jpg新宿サザンテラスに昨年末ドーナツ屋ができ、ブームになっている。
昨日、新宿に行ったついでにこのドーナツ屋を見ると、ドーナツを買い求めるのに2時間待ちの行列ができ、橋を越えた高島屋の方まで列が続いている。

フランス革命ばりに、新宿に集まった民衆が「ドーナツを寄越せ」と叫びながら行進をしている...訳ではないが、午後4時にドーナツを買うのに2時間待ちというのは、ちょっと耐えられない。
みんな、そんなにドーナツを買いたいのか?

近くにある宮崎県の物産屋である「新宿みやざき館」も、ゴールデンウィークと東国原知事の相乗効果で、朝の新宿駅ばりに混雑している。
みんな、そんなに冷や汁セットを買いたいのか?

高島屋に行くと「薔薇と書けなくてもバラになれる」というよく考えるとわからないコピーでリニューアルオープンをアピールしている。
"国語の成績は悪いけど美術の成績がよい"というようなことだろうか。バラと言っても、豚バラとかでなければよいが。

ただ、このコピーはなんとなく気に入ってしまう。
実は秀逸なコピーなのかもしれない。
たしかに、"十二指腸潰瘍"とか"脳溢血"とか書けなくても、"じゅうにしちょうかいよう"にも"のういっけつ"にもなれてしまう。
"馬鹿"と書けなくてもバカになれるが、この場合は書けない時点でお利口さんでは無い。

さて、新宿高島屋の中にはいると、イタリア展というイタリア物産展をやっており、ジローラモ氏がちょい悪な笑顔を見せるポスターがたくさん貼られている。
ワイン、チーズ、ハム、オイル、デザート、果物など、イタリアの物産に、"宮崎"に負けない人だかりができている。
みんな、そんなにハムを買いたいのか?

答えはyesである。
大混雑の中、ハムとチーズを購入し、混雑する新宿を堪能して帰宅の途につくのであった。
[PR]

by touch-go | 2007-05-06 01:13 | コラム
2007年 05月 02日
ゴールデンウィークの発見(その2)
ゴールデンウィークと言うことで、昨日に続き、じっくり新聞を読むことができる。

テレビ欄のキャプションが気になり、4月30日(月)の新聞も見返してみた。
昨日は「キャプションに工夫を」と書いたが、よく見るとと、なかなか良いキャプションがついているではないか。
b0050623_181264.jpg
b0050623_18121941.jpg
「グーランヌーボ」が、どんな番組なのか知らないが、"江角の登場で会話が弾み出す"という、そのテクニックを見てみたくなる。
「英語でしゃべらナイト」も、文字数を制限ぎりぎりまで活用し、「パックン英検」なるモノに爆笑問題が"参戦"ときた。

どちらも、限られた文字数の中、実際にテレビを見てみたくなるような書きっぷりである。

ところが、これはどうかと思うようなキャプションを見つけてしまった。
b0050623_18123170.jpg
「月曜ゴールデン駅弁刑事」は駅弁が大好きらしいが、つまりこの文章は"刑事が事件を捜査する"と言っているだけであり、おもしろみが全く伝わってこないのである。

勝手な想像をすると、このキャプションを作成した担当者は、駅弁にも刑事モノにもまったく興味がないのだろう。
タイトルと出演者を見て、適当に文章を書いたとしか考えられない。
自分がこういうシゴトをしたら、ボスに真っ先に怒鳴られるのだが、日経のボスはゴールデンウィークと言うことで基準が甘くなっているのだろうか。

一方、番組欄を見ると、明らかにこっちの文章の方がおもしろそうに感じる。
b0050623_18124462.jpg
昨日書いた内容をふまえると、もしかしたら、日経新聞はTBSのことが嫌い、なのかもしれない...
[PR]

by touch-go | 2007-05-02 18:15 | コラム
2007年 05月 01日
ゴールデンウィークの発見
ワタクシの勤める会社は、5月1日、2日が毎年休暇になる。
今年は、せっかくの休みにもかかわらず1日、2日はどこにも行かないので、自宅や近辺でのんびり過ごした。

たとえば、ふだんは通勤時間で読む新聞であるが、今日はじっくり読むことができ、いつもならスルーしてしまうようなコンテンツが気になったりした。

その中から、テレビ欄の脇にある番組紹介のキャプションを取り上げてみたい。
b0050623_23165699.jpg
30分のドラマだと、こうとしか書けないのかもしれないが、この"たいしたことが書かれていない様子"はすごい。
テレビを見させるためのキャプションなのだから、もう少し期待感をあおる文章が良いなぁ..
文章を考えている人は一生懸命なのかもしれないが...

もうひとつ、こんなのもあった。
b0050623_2317944.jpg
こっちの方は、制限文字数ぎりぎりまで句読点を使っており、「たむらけんじ」を知っている人からすると"おもしろそう"と感じる秀逸なキャプションといえるが、何も知らない人が見たら"場が冷え切ってしまうつまらない番組"に感じてしまうのではないだろうか。

同じ文章を違う番組に適用したこんな文章だと、絶対録画するのになぁ..
報道ステーション(朝日=後10・0)
 松岡修造が、古舘伊知郎らレギュラー陣に説教をする。テニスウェア姿で登場した彼は、得意の食いしん坊を連発するが、場は冷え切ってしまう。

[PR]

by touch-go | 2007-05-01 23:26 | コラム
2007年 04月 25日
マイ デスクトップ
先日、会社で19インチのディスプレイが配布された。
昨年度の業績が良かったとのことで、一部のメンバーにご褒美として配布されたのだ。

ということで、ついでに「デュアルディスプレイ」のための装置も購入してもらい、それまで使用していた15インチのディスプレイと併用し、2つ画面がある環境で仕事をしている。

左側に19インチを置き、こちらをメインで使っており、右側の15インチはブラウザや音楽管理ソフト(sonicstage)など、主に息抜き用(?)で使っている。
思いのほか、ディスプレイによって発色が異なり、色の調整をみりみりとやってみたのだが、今ではどーでも良くなってしまっている。
最初は、サイズ違いのディスプレイにとまどったのだが、これは数日で慣れた。

ところで、ブロードバンドウォッチというサイトで、業界人のパソコンのデスクトップを紹介し、コメントをする「デスクトップ百景」という記事が連載されている。
これの真似をして、勝手に自分のオフィスパソコンのデスクトップについて、つらつら書いてみようかと思う。

ワタクシの会社のパソコンのデスクトップ画面は、こんな感じである。
b0050623_21222316.gif
はっきり言ってつまらないデスクトップである...
誰が見るわけでもないのに、きれいなデスクトップというのが好きで、こんな状態になっている。外面だけは良いとも言える。
(blogにアップするから体裁を整えた、のではなくて、普段からこんな感じなのである)

なお、右側にある15インチのデスクトップ上には、真っ青な画面にゴミ箱しか置いていない。こっちの画面だけ見ると、パソコンが壊れたかのような印象を受ける。
b0050623_2123053.gif
まぁ、シゴトでは、ブラウザ、メール、powerpoint、word、excelぐらいしか使わないことと、各ファイル達はexplorerを使って管理しているので、こんなモノなのかも知れない。

19インチの方は、大画面であることを活かして、タスクトレイを2段にしている。sonicstage、プロアトラス(地図ソフト)、秀丸(エディター)などは、クイック起動に入れてあり、それほど使用頻度が高くないアプリケーションは、いちいちスタートメニューからたどっている。
b0050623_21233436.gifどーでも良いが、秀丸はアイコンのデザインが好きではないので(「秀」とかデザインされている)、各アプリのアイコンは適当に変えてしまっている。

会社に入ってから、長いことwindows2000に慣れ親しんだので、windows xpの画面ではなく「クラシック・スタイル」にしている。
パソコンの性能がそんなに良くないので、よりサクサク動く環境を求めた結果、とも言える。
デスクトップとは関係ないが、Windowsが起動するときに鳴る音も、鳴らないように設定を変えている。

b0050623_21242594.jpg右上には、パソコンの電源を切るショートカットを置いている。
普段、explorerでファイルを管理することを面倒くさがらないにもかかわらず、電源を切るときに、いちいちスタートメニューをたどるのは面倒なのだ。
これをダブルクリックすると、メッセージが10秒間表示され、あとは強制的にパソコンの電源が切れる。
基本は帰るときにこいつをクリックするので、「鍵・財布・携帯電話を持って出ること!」というメッセージを表示させている。

19インチの左側には、googleデスクトップを表示させている。
googleデスクトップとは、パソコンのファイルを検索するエンジンなのだが、自分の場合はニュースリーダーと写真ビューアとしてしか使っておらず、デスクトップ検索はほとんど使っていない。

デスクトップ検索は、ファイルやメールを探すのに便利という同僚もいるが、自分の場合はexplorerで一覧しないと、なんだか気が済まないのだ。
このあたりの機能が使いこなせていないのは、自分が歳を取ってしまった証拠なのだろうか。
新しく入社するヤツに、「クラシック・ITリテラシー」とか言われたらイヤだなぁ。

ところで、たかだか10年前のWindowsのスタイルが、"クラシック"というのも何だかなぁと考えてしまう。そのうち青い背景のこのカクカクしたウィンドウデザインは、「レガシー・スタイル」とか呼ばれてしまうのかも知れない。

最近「ニュー・佐川」ということで、デザインをリニューアルしたことをしきりに「おや?」っとアピールしている佐川急便であるが、中には「クラシック・スタイル」(昔ながらの飛脚マーク)にこだわるセールスドライバーがいたり、しないんだろうな...
b0050623_21244099.gif

[PR]

by touch-go | 2007-04-25 21:25 | コラム
2007年 04月 24日
エクストリーム・ハードディスク交換
b0050623_1262495.jpg「エクストリーム・アイロン掛け(エクストリーム・アイロニング)」という、競技がある。

知らない方のために、『エクストリームアイロニングジャパン(EIJ)』の公式HPから引用すると、
「エクストリームアイロニングとは、山や海、川などの厳しい自然環境下において、アイロン台を出し、涼しい顔で平然と服にアイロンを掛けるという(中略)極限的スポーツです。」
と説明されている。


b0050623_1265412.jpg話は変わって、日立のWoooという薄型テレビのコマーシャルで、黒木瞳が、まさに「涼しい顔で平然とハードディスクを(不自然な姿勢で)交換」している。

日立のホームページによると、
「様々なヨガのポーズで何かをテレビに差し込んでいる黒木さん。それが出し入れ自由なハードディスクiVDR-Sです。(中略)この4つのヨガのポーズに挑戦されてみては?くれぐれも無理は禁物です。」
などと、記されており、消費者にも不自然な姿勢でのハードディスク交換に取り組むことを推奨している。

こっそり談合などして、首都高からの指名停止が解除されたばかりの日立であるが、ここは是非"ハードディスクの交換"を、一大スポーツに育成して行って欲しい。

「この木なんの木気になる木」の下で、エクストリーム・ハードディスキング、ぜひ見てみたいモノだ。
そのうちオリンピック競技にでもなれば、Woooの販売に貢献するハズである。
(なにが「ハズである」だ、とか言われそうだが...)
[PR]

by touch-go | 2007-04-24 01:35 | コラム
2007年 04月 19日
1号車が空いているらしい
b0050623_133662.jpg交通情報サイトを見ると、今朝も中央線が遅れているとの情報があったので、とくダネ!が終わるぐらいまでのんびりと家ですごした。

のんびり、をやるのは、普段通りの時間に通勤をしても、どーせ電車が遅れており、しかも遅れている列車が激混みしていたりするリスクがあることと、遅く出社しても「中央線が遅れてまして」という言い訳が通用するから(?)、である。

普段と気分を変えて、1番先頭に乗ると、前方が見渡せるとともに運転室にある運転士用のモニターが複数見える。

このモニターはなかなかスグレモノで、各車両の温度、湿度や乗車率などをリアルタイムに表示している。
よく見てみると、1両だけ妙に湿度が高い車両があり、その車両だけ乗車率が100%を超えている。
人がいっぱい乗っていて、ムンムンになっているらしい。

自分が乗る先頭の車両は、10両ある車両の中で一番乗車率が低いことに気がついた。
ふむふむ、次回からは空いている先頭の車両に乗ることにしよう。

あの情報を、ネットで見れたりすると楽しいと思う。
「今やって来た電車は乗車率が100%だけど、3分後に来るやつは76%だから、一本見送ろう」なんて行動ができるのになぁ。
[PR]

by touch-go | 2007-04-19 01:04 | コラム