<   2004年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2004年 10月 30日
ウィッシュ・リストの人間関係
b0050623_1071872.gif先日、ネットショップのアマゾンの話題を書いたが、アマゾンは他にないユニークなサービスを提供している、ということに気がついた。特に新しいモノではなく、知っている人は前から知っているのだと思うが、「ウィッシュ・リスト」というサービスがある。

これは、自分がアマゾンのサイトでチェックした本やおもちゃについて、第三者に対して「これが欲しい」とアピールするためのツールである。(当然、ウィッシュ・リストを公開してアピールするかどうかは本人の意志次第である。)
この場合、想定されるのは子供が親に向かって欲しいモノをアピールする、と言うようなシーンだろう。または、恋人や夫婦同士で欲しいモノを知らせあう、と言うようなのもありそうだ。

そして、この「ウィッシュ・リスト」のサービスには、欲しいモノが羅列されているすぐ隣に「購入」というボタンまでが丁寧に配置されていて、オンラインで欲しいモノを買ってあげることができるのである。

それにしてもすごいサービスである。欲しいモノを知らせたいような間柄であれば、直接口で伝えろよ、と正直思ったりもする。赤の他人であれば、そいつが欲しいモノなんかはどうでも良いわけであるし。

でも、お金をもてあましているおじいちゃんおばあちゃんが、インターネットを覚え、孫のウィッシュリストをこまめにチェックして、たまに買ってあげては孫を喜ばせてあげる、なんて使い方はそれなりに行われていそうにも思う。

ここまで書いていて思いが及んだが、欲しいモノをたぶん買ってくれそうだけど、口にするのはちょっと...というような間柄には非常に有効なツール、なのかも知れない。

例えば、①前述のような孫とおじいさんの関係や、②愛人予備軍とオヤジの関係とか、③ヒモ男とかこっている女の関係とか、④お中元お歳暮の時期における本部長と出世を狙う部下との関係とか、⑤政治家と地元の土建屋の関係とか....

バーチャルな世界って、すごいですね。
そのうち、「元衆議院議員の○○容疑者に対する地元の土建屋にからの贈賄事件について、公共工事発注の見返りとして300万円を『ウィッシュ・リスト』で要求していたことが判明しました」なんていうことを、ニュース23なんかで佐古キャスターが読み上げるような日が来るのだろうか。

無いと思うが、後で上司のウィッシュリストをチェックしてみよう。どうしよう、もしウィッシュリストを公開していて、かつ「お歳暮には、北海道のゆでタラバガニが欲しい」等と書いてあったら...
[PR]

by touch-go | 2004-10-30 10:09 | コラム
2004年 10月 28日
アマゾンも所詮はコンピュータ
b0050623_10533151.jpgアマゾン・ドット・コムという有名なインターネットショッピングサイトがある。本の通販がメインとなっているサイトであり、最近ではキッチン用品、なんて言うのも売っている。
過去の注文に合わせて次にサイトに訪れたときに、統計的に喜ばれる別の商品をリコメンドしてくれる、など、いわゆる進んだショッピングサイトとして、多くの人に使われている。

4月に仕事が変わってから、アフターファイブに本屋へのんびりと足を運ばなくなってしまい、その影響もあってこのサイトで本を初めて買ってみた。直感的にサイトが利用しやすいことと、会社を送り先にすれば確実に商品受け取れて、ある程度の金額以上を購入すれば送料もタダになるので、最近は多用するようになってしまった。

「リコメンド」の方も、後日改めてこのサイトを訪問すると、別の商品を勧められ確かに「買ってもいいかな」と思わせるモノであったりした。ネットショップの進化に思わず「へぇ~」と言わずにはいられない。(ただし、リコメンドされたモノを買ってはいないが)

...と、別にアマゾン・ドット・コムを勧めようと言うわけではなく、そんなアマゾンも所詮はコンピュータである、という出来事があったのでこれを取り上げてみたい。

会社で使うマウスを新しく、「腕に優しい」ものにしようと、10月に発売されたばかりのものをアマゾンで購入した。他のネットショップと比べても比較的安かった、と言うこともあるが、本だけではなくついに家電やコンピュータ関連機器までアマゾンに頼るようになってしまった。

ただ、このマウスは売れ筋商品らしく、当初「2~3日以内に発送します」書いてあるので安心して画面上の購入ボタンを押したのに、しばらく音沙汰が無く、ついには「入荷まで時間がかかるのでゴメンね。詳しくはサイトで確認してくれ」的なメールが送られてきてしまった。
アマゾンのwebサイトで、発送の日程を確認してみると「11月下旬から12月上旬頃に発送」等と書かれているじゃないですか。「購入」をクリックしてから2ヶ月も待たされるなんて、これはたまらない。

この辺がアマゾンのアメリカンな感覚で、なんだかバカにされているような気がしないでもない。もっと言えば、「2~3日で発送」というフレーズに負けて購入ボタンを押すような純粋な日本人は、このフレーズにだまされたことになる。

とは言っても、怒ってもしょうがないし、ゴメンね的なことも言われているので、しばらく放っておくことにしたら、、、、翌日こんなメールが届いた。

「Amazon.co.jpからのお知らせ お客様からご注文いただいた商品を本日発送させていただきました。」
と、昨日と言っていることが180度違い、かつ何事もなかったかのような文面が書かれていた。

30分で届けるピザの宅配を頼んだら、10分後に「ゴメン、やっぱ2時間かかる」と電話がかかってきて、しょうがないけどテレビでも見てたら、間髪おかずに「ピンポ~ン!ピザ屋です~」と、やられたような気分、である。そのピザ、本当は返品されたモノなんじゃないの?とか、疑いたくもなる。

まぁ、結果オーライの世界なのだが、ちょっとアマゾンが信用できなくなってしまいました。そういえば、リコメンドの方も私があまりにも従わないので、最近は「NHK 教育『天才ビット君』 アニメコーナー 魔法少女隊アルス EDテーマ DuDiDuWa」などという、よくわからないものまで、リコメンドされている。
[PR]

by touch-go | 2004-10-28 10:56 | コラム
2004年 10月 26日
blogに手を染める
会社の後輩がblogを作って、酒の席で「見てコメントくださいよ~」などと言うので、頭ごなしに完全否定してから、はやひと月が経つ。
なぜ完全否定だったのかというと、こういうものは長続きしない、と相場が決まっていて、自分でも経験しているからである。
(来年まで続いたら、私には罰ゲームが待っていることになってしまった)

ワタクシは「マイ・ホームページ」の黎明期に、ミニロトという数字を4つ組み合わせる宝くじをテーマにしたサイトを作ったことがある。いわゆる「視聴者参加型」のホームページで、この数字の組み合わせとそれにまつわるエピソードを募り、その組み合わせのくじを実際に私が買って、当たったらみんなで喜ぼう、ということをやっていたのだが、これがそれなりに多くの人が見に来てくれた。

まったく見ず知らずの人から、ホームページに投稿があるというのも、私のような素人からすればインターネットが無ければあり得なかった訳で、それなりに楽しい経験をしたのだが....

冒頭にも書いたとおり、運営している私が飽きてしまったことと、シゴトが忙しいときにかまってられないこと、(しかもミニロトは1回も当たらなかったこと)から、1年ぐらいたった頃にサイトの運営はさっぱりやめてしまったのである。

ところが、その後輩のblogは今のところ長続きしている。内容は、その日に食べた食事についてただ書き連ねているだけで、一般的に見た場合つまらないblogに分類されそうだ。しかし、くやしいことにそのblogをルーチンワークとしてときどきチェックしている自分がいたりする。(コメント(トラックバック)だけは、まだやっていないが)

世のblogブームでは、どうやら気合いを入れずになんでも書き連ねる、という日記スタイルが良く、適度に手を抜けて長続きできるということらしい。

ということで、人の日記を見ているうちに、ついワタクシもblogなるものに手を染めてしまったわけである。しかも、今のところ誰にも知らせずに...

最初から、毎日更新!と言ったことをやっていると、2週ぐらいで飽きてしまいそうなので、のんびりやっていこうと考えているのだが、もし来年の今頃まで続いたら、例の後輩にはビールの1杯でも飲ませてもらうことにしよう。
[PR]

by touch-go | 2004-10-26 09:05 | コラム
2004年 10月 23日
災害列島と電話セールス
2004年は「超大型」で「強い」という台風23号がやってきて、本州への上陸回数の記録を塗り替えている...というニュースが伝えられる中、10月23日(土)には大きな地震がやってきた。

ちょうどそのときは、テレビをつけてのんびり「秀ちゃん」のトークを楽しんでいたところだったのだが、まさに番組の終わりに地震が来て、その数分後には余震がやってきた。

そんな中、家の固定電話のベルが鳴った。うちの家族は地震や台風では電話などかけてこない人たちなのに、このタイミングに固定電話が鳴ったことで、「何かあったのでは?」と、急いで受話器を取った。

こういう時の心境は、あまり良いものではない。昔受験の時に経験した、「落ちた」と自覚している大学から、通知が来た際に封を開ける、ときの気分にも似ている。(そのときは期待を裏切らず、落ちていたのだが)

意識して声を明るくして、受話器をつかみ取ると...「セゾンカードの○○と申しますが、△△様はいらっしゃいますでしょうか?」「本日はお客様に耳寄りなキャンペーンのお知らせ・・・」と、まったく期待していない(と、書くと失礼だが)電話であった。

「ただいまお時間はよろしいでしょうか?」と聞かれて、あんまりよろしくもなかったので、丁重に電話を切らせてもらったのだが、コールセンタのお姉様たちもこんな時に大変である。

電話を切ってから、「地震すごかったっすね~」などと会話しても良かった、等と考えてみたのだが、そういえばちょっと前に、コールセンタは東京や大阪からは遠いところに設けている企業も多いというのを何かで見たのを思い出した。
某ADSLの開通に関わる電話連絡は、はるばる秋田から東京まで電話をかけてきているのだという。このセゾンカードのお姉様は地震があったのを知らないで電話をかけてきたのかもしれない。

それにしても、今年は猛暑、台風、地震と災害の当たり年である。どこかで見たのだが、中日がセ・リーグで優勝すると、悪しきニュースが来るという。日本シリーズで優勝などしてしまったばあいは.....
[PR]

by touch-go | 2004-10-23 20:26 | コラム