<   2005年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2005年 01月 22日
阿佐ヶ谷な話題(その②)
b0050623_230051.jpg阿佐ヶ谷には、「阿佐ヶ谷七夕祭り」「阿佐ヶ谷ジャズストリート」と、イベントが多い。
近くにある阿佐ヶ谷神明宮なる神社のお祭りなどもある。

阿佐ヶ谷七夕祭りに関しては、なんと日本三大七夕祭り、なのだそうだ。
一番目が仙台で、二番目が平塚、と言うあたりは知っていたが、阿佐ヶ谷七夕は知らなかった。
おそらく平塚との間にかなりを差をつけられた三番目なのだろう。

オーシャンズ12と言う映画のコマーシャルで、「ジョージ・クルーニー」「ブラッド・ピット」あたりは登場する俳優の名前をじっくりと読み上げるのに、「ドン・チードル」「バーニー・マック」と言った、超有名どころでない人になったとたんに聞き取れないような早さで読み上げられる、そんなポジションである。
蛇足だが、オーシャンズ"12"なのに、コマーシャルでは8人しか俳優名が読み上げられない。これを考えれば、読み上げてもらえるだけでも、まぁ良いポジションなのだとも言える。


その七夕祭りだが、ぐにゃぐにゃ曲がったアーケードの「パールセンター」で開催される。
良くこんなにも人が集まる、と言うぐらい混雑する。確かに"三大"を名乗るだけのことはある。そして、人混みの中に入ると、良くこんなにも人が集まると言うぐらい特に目立つモノが無い...

アーケードからぶら下がる七夕飾りは、手作りっぽく質素だが、商店街が狭く人が多いので、のんびり七夕気分に浸れるようなモノではない。

ビールや焼き鳥の出店があるのは普通のお祭りと一緒だが、よく見ると洋服屋がバーゲンをやっていたり、和菓子屋が詰め合わせの福袋を売っていたりと、なんでも有りである。

どうやら"七夕"を名乗った、ただの商店街のバーゲン、という色合いが強いのだが、七夕を掲げることでこれだけ集客しているのだから、企画が良いということなのだろう。
七夕祭りの時期になると、阿佐ヶ谷駅のホームも短冊がひらめいたり、色とりどりの飾りが風にたなびいたり、と七夕モード一色になる。JRも協力的で、集客すれば儲かるのだから、相乗効果も出ているのだと思われる。
お隣の高円寺の駅では、有名な阿波踊りの時期になると、電車の発車メロディが"阿波踊りメロディ"になる。こちらも協力的でなかなか良いことである。

東京湾大華火が開催されると駅を封鎖してしまう"ゆりかもめ"あたりも、なんとかがんばって欲しいものある。
[PR]

by touch-go | 2005-01-22 02:33 | コラム
2005年 01月 17日
阿佐ヶ谷な話題(その①)
b0050623_16412717.jpgblogを初めて3ヶ月目に入った。12月に入り更新の頻度が確実に落ちてきて、ついには2週間開けたりしてしまっているが、なんとか続けている。

ここで、気がついたのだが、blogのタイトルに「阿佐ヶ谷」を名乗っておきながら、阿佐ヶ谷の話題を1回も書いていない。
と、いうことでワタクシが住む街、阿佐ヶ谷の話題でも書こうという気になった。

阿佐ヶ谷を紹介するwebサイトと言えば、このサイトを抜きに語れないだろう、というのがNIKKI氏の日記のサイトである。
ほぼ毎日、阿佐ヶ谷界隈の写真と100字程度の文章とで、阿佐ヶ谷を紹介しているのだが、過去の記録を見ると、1998年からずーっと続けているようである。

blogなんてものが無かった時代から、やっているので、阿佐ヶ谷界隈、ヘタすると中央線沿線でのblogの元祖と言って良いだろう。

ワタクシはJRの阿佐ヶ谷駅を降りた南側に住んでいる。この、駅の南側には「パールセンター」なるアーケードのついた歩行者専用の商店街がある。
初めてこのアーケード商店街を歩いたとき、妙な違和感を感じた。

私の知るアーケードと言えば、まっすぐな道の両端に商店が並ぶ、というものであり、中野ブロードウェイ、吉祥寺サンロード、高円寺パル、宇和島きさいやロード、心斎橋筋...と言ったアーケード商店街は全部まっすぐである。

ところが、阿佐ヶ谷パールセンターは、ぐにゃぐにゃまがっている。
中野ブロードウェイが「東京湾アクアライン」のように一直線だとすれば、阿佐ヶ谷パールセンターは「首都高速目黒線」と言った具合で曲がっている。

いわゆる山の手エリアなのに、下町風情があることで、この曲がっているのにもなかなか味がある。

幼稚園から大学付属校に入学し、ストレートで大学まで行き、国家公務員として就職し、上司の紹介でお見合いをし、定年でリタイアする(1回ぐらいは天下る)、というのも安定感があって良いが、途中で引っ越ししたり、浪人したり、転職したり、と言ったぐにゃぐにゃ人生もそれはそれで味があるのと、一緒なのである。
[PR]

by touch-go | 2005-01-17 16:46 | コラム
2005年 01月 12日
Mac miniに考える日本のパソコン
b0050623_21151468.jpgニュース記事を見ていたら、apple computerから「Mac mini」なるコンピュータ新製品が発表されていた。

"ディスプレイやキーボードを省き基本機能だけに絞り込んだMacintosh「Mac mini」を発表。Mac miniのサイズは非常に小型軽量。"とのことだ。
う~ん、欲しい。

b0050623_21162392.jpgワタクシは以前、Hewlwett Packard(HP)と言う会社の「e-Vectra」というパソコンを使っていた。これは、CD-ROMと基本的な入出力インターフェースのみを搭載し、小型・シンプルにこだわったデスクトップ・パソコンであった。

と、いうことで小型のパソコンが好きなのである。もともと部屋が狭い...というのも理由ではあるが、パソコンごときに部屋を占領されたくない、というのが最大の理由である。

「じゃぁ、ノートパソコンでいいじゃん」という意見もあると思う。実際、一番最初はノートパソコンを家で使っていたのだが、キーボードを動かすと画面も一緒に動いてしまったり、キータッチがカチャカチャしていて気持ちよく使えないというノートパソコンを、家のメインマシンにするのには、やはりイヤなのである。

最近の日本のメーカーは、パソコンでテレビが見れる、とか番組が録画できる、という機能を売りにした多機能パソコンを販売しているが、テレビはやっぱりそれなりの大きさの画面で見るのでどうでも良いし、そもそもテレビを見るのにいちいちWindowsを立ち上げるのが気にくわない。

コマーシャルも、メロリンQの山田太郎と玉木宏という、割と大柄な男性がパソコンの小さな画面に向かって、「見逃したテレビ放送の場面を、ワンタッチで追っかけてみることができる」と、小さなボタンを押して力説している。
木村拓哉が出る方のコマーシャルは、デパートの屋上でパソコンを使っていると、サッカー中継の時間であることに気づき、パソコンの画面で放送に見入り悦に入っているなか、隣から落合監督が「オレ流」などと話しかけてくる...

これらのコマーシャルを見た感想は、残念ながら、あんまり欲しいと思わないです。
パソコンのコマーシャルなのか、高機能テレビのコマーシャルなのか、よく分かりません。

デパートの屋上で思い出すぐらいのサッカー中継なら、自分なら、見逃してしまってもかまわないし、家電売場にでも行けば良いんじゃないか、とか考えてしまう。
心底見たい中継だったのを、デパートの屋上で思い出したのならば、自分の記憶力というか、スケジュール管理能力を疑い、暗い気分におちいってしまうだろう...こうなるとサッカー中継どころではない。
# つい、いちいち、コマーシャルに文句をつけてしまいました。


小型でシンプルなパソコンの話題に戻ると、残念ながらHPはcompaqを買収して以降、e-Vectraを作らなくなってしまった。このe-Vectraはオフィスユースを考えていたらしいのだが、オフィスでは小型のパソコンはあまりニーズがないのかも知れない。

ということで、次にパソコンを買うとき(おそらく3年後ぐらい?)は「Mac mini」もいいな..などと思う、今日この頃なのです。appleに小型パソコンにブームを起こしてもらって、他社が追随するようになると選択肢が増えて良いんですけどね~
[PR]

by touch-go | 2005-01-12 21:24 | コラム
2005年 01月 08日
タクシーの運ちゃん
b0050623_13461749.jpgシゴトの都合上、深夜まで職場に残りタクシーで帰宅することも多い。
年末も、バタバタして、ついタクシーでしか帰れない時間まで仕事をしてしまうことも多かった。

終電間際の混雑する電車に乗って帰るのに比べれば、終始座っていられ、かつ家の前まで送ってくれるので体力的にはタクシーを使えることは非常にありがたい。
本当のことを言えば、タクシーなどに頼らず、毎日17時過ぎには荷物を片づけ帰宅の途に...という生活をしたいのだが、学生時代までサボり続けてきたワタクシたちの世代は、今が罪滅ぼしのチャンスだ、とばかりに働いている。

その体力的にラクをして帰れるタクシーであるが、運転手によっては精神的に非常にツライときもある。
ワタクシは小心者なので、タクシーの運ちゃん(愛着を込めて、こう呼ばせていただく)に話しかけられると、つい笑顔で答えてしまうのである。

周りの人によれば、「すいませんが、疲れているので静かにさせてください」などと言えるのだそうだが、小心者にとっては、「そんなこと言って運ちゃんの気分を害してしまったら、どうしよう?」と、つい心配してしまうのである。

この心配は、夜のタクシーのあの密室の中では拡大傾向にあり、
・運ちゃんが機嫌を悪くして、わざと遠回りをさせられたらどうしよう..
・機嫌を悪くして、運転が荒くなり事故でもされたらどうしよう..
・「あさがや」と言ったのに「鳩ヶ谷」あたりに連れて行かれたらどうしよう...
・「鳩ヶ谷」に向かう途中で降ろされたりでもしたらどうしよう...
などと、考えが及んでしまい、つい運ちゃんの機嫌を伺ってしまうのである。

それにしても、運ちゃんはおしゃべり好きな人が多い。
おそらく運ちゃんの側でも客の顔色をうかがい、相当気を遣っている、のだと思うが、話題が楽しく気を遣ってくれる運ちゃんに当ると、楽しいひとときを過ごせる。

一番良いのは、適度なうんちくをウィットに富んで絡め、笑いのツボも客の年代に合わせられる運ちゃんで、お金を払って乗車して良かった、と思える。
タクシー業界ならではのうんちくや"トリビア"なども、聞いていて楽しいのだが、そんな運ちゃんに当たったことは2~3回しかない。

夜遅く帰ると言うことは、それなりにシゴトがうまくいっていないから、なのだが、こんなときに終始ジャイアンツや競馬の話などをされると、こっちは何も知らないので、眠い中一生懸命「へぇ~、そうなんですかー」などと心のこもっていない相づちを打つことになる。
かと言って、無言で携帯に向かってポチポチやる、というのも...

うまくやりすごす良い手はないですかね~
今度、運ちゃんに聞いてみることにしよう。
[PR]

by touch-go | 2005-01-08 13:47 | コラム
2005年 01月 06日
お役人にも新人は存在する
b0050623_20324519.jpg中央官庁の一つである総務省のホームページに、「若手行政官のコラム」というコーナーがある。
これが興味深いのでちゃちゃを入れてみたい。

おそらく、一般の生活とは馴染みが薄い中央官庁の職員の考え、をひろく情報発信し、身近に感じ取ってもらう、という施策なのだろう。

平成13年から月刊で今日まで続いており、中には会話調で普段の仕事の内容を紹介しているものや、ウィットに富みながら自分の夢を語っていたりと、総務省を代表する若手が書いているので、読み応えがあり、ワタクシのコラムなど足元にも及ばない。

ついつい、読みいってしまい、総務省がどんなことをやっているのか、このコラムだけでだいぶ理解が進んだ気がする。
...と言っても、最初の理解がもともと少ないのだが。

いくつか、ひろってみると、
疲労(不眠)の極限に挑戦する羽目に陥り、あげくに霞ヶ関界隈を文字通り走り回っている最中に、霞ヶ関の駅前交差点で足首にヒビを入れた
思わず、「大丈夫ですか~?」とつっこみたくなります。

「接続」といっても普通の人は“ はぁ?(゚Д゚)ハァ? ”って感じやと思います。
2ちゃんねらーが見たら、一気に親しみが沸く書き方です。

確かに、私は、小学校6年生で身長が173cmもあったため、ついたあだ名は「オヤジ」。他のあだ名も様々に変遷しますが、基本路線は変わらず、先日行われた中学校の同期会では、「おいちゃん(中学の時のあだ名)、若返ったねぇ~」と驚かれ、果ては一部の同期に某マンガのキャラである「佐々木のじ○さん」などと呼ばれる始末
このあと、総務省ネタに持って行くのも、純文学に持って行くのも可能な書きぶりである。


総務省の広報活動は、どうも親しみを持ってもらう、と言う点に力を入れているようです。
総務大臣のコラムが、『総務大臣 麻生太郎の「あっ、そうだろう!」』という具合である。

ただし、大臣はやはり政治家の性なのか、このコラムは「三位一体改革」だの「国民保護法制の整備」だとかが書かれていて、タイトルにつられて気軽にリンクをクリックすると、なかなか重たく、眠くなってしまうような内容が書かれている。

『かんたんお気軽 はじめての料理』的な本をお気軽に購入したら、「平鍋にオリーブオイルを入れて、タマネギをシュエ。‥残ったソースは煮詰めて熱くなったらオリーブオイルでモンテする。」とか書いてあった、ような気分である。
[PR]

by touch-go | 2005-01-06 20:36 | コラム
2005年 01月 04日
正月休み談義
またも、blogの更新を止めてしまった。しかも今度は2週間の空白期間を作ってしまった。
これも、年末年始ということで、blogも"正月休み"ということにでもしておこう。

つい、blog以外のモノが優先順位が上がってしまってしまい、後手になってしまうのだが....言い訳はこの辺にしておいて、正月モードと言うことでこんな小ネタでご勘弁。

街で見かけたこんなモノ①
b0050623_21334663.jpg
よく、マンガやドラマで出てくるようなネーミングですが、実在していました。(沼津駅近く)

街で見かけたこんなモノ②
b0050623_21331557.jpg
よく見ると、違います。「コ」であるべき箇所が「ロ」になっています。
こういうのは本家に訴えられたりしないのでしょうか?(高知はりまや橋近く)

たぶん、これらはどこかの誰かのblogでとっくに取り上げられているのだ、と思いますが、これも正月ということで...
# タイトルの「正月休み談義」とこの内容は、まったく関係ありませんね...
[PR]

by touch-go | 2005-01-04 21:44 | コラム