<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2005年 07月 27日
飛ばしすぎず、飛ばなすぎず
日経新聞のサイトにこんな記事が出ていた。
サントリー、炭酸飲料の出荷休止・好調で供給追いつかず

 サントリーは26日、炭酸飲料「バブルマン ソーダジェット」の出荷を21日から休止したと発表した。販売が好調で供給が追いつかないため。生産体制を拡充し、8月上旬の出荷再開を目指す。「バブルマン」シリーズの他の2製品は販売を継続する。

 12日に発売した新製品の今月の出荷数量は当初計画の1.8倍の35万ケース(1ケースは500ミリリットル入りペットボトル24本換算)に達する見込み。3つの生産拠点での月産能力が25万ケースのため、出荷が間に合わなくなった。 (7月26日 20時)

これは、本当なのだろうか?
わざと、生産が追いつかないと言う記事をリリースすることで、世間からの注目度を上げる"作戦"なんじゃないだろうか?

この記事を読んだ人の中には、
「バブルマンが売れてるんだ~、こんど見かけたら買ってみようかな」
と感じる人も多いんだろうと思うと、疑らずにはいられない。

b0050623_16553896.jpgもし、注目度を上げるために生産が追いつかない、というリリースをしたのであれば、なんかルール違反の気がする。
もし、本当に生産が追いつかないのであれば、サントリーのマーケティング担当は需要予測や計画の立案が甘い、と言うことになるだろう。または、売れていることが分かり始めているのに、すぐに増産の判断ができないことから、生産部門と販売部門との間に高い壁が存在しているのかも知れない。

ついでに、販売が好調のため出荷を休止する、と言うのも素人には疑問である。飲料の工場の仕組みをよく知らないのだが、生産体制を拡充するために、今までの製造ラインをすべて止めて、出荷を休止しないといけないのだろうか...?

いずれにしても、いろんな意味で本来であれば叱られても良いような記事なのだが、「売れすぎちゃって困る」と言う場合だと、許されちゃう雰囲気って言うのがありますよね。

「売れなさすぎて、出荷を停止した」だと悲しすぎるのに...

考えてみると、最近だと"売れすぎちゃう商品"って、長くトレンドが続かない気がします。
‥テツ&トモとか、波田陽区とか。
適度な売れ筋だと、長い間稼げて、結果的にはこっちの方が良いのではないでしょうか?
‥関根勤とか、山口智充とか、勝俣州和とか。

売れすぎちゃった商品を、ちょこっといじってリニューアルされたりすると、これもなんか悲しいものがありますね。
‥虎舞竜(ロード第1章~第13章)
‥モーニング娘。(余談ですが、ATOKで変換すると「。」が自動でつく!)

マーケティング担当には、売れすぎず、売れなさすぎずを狙う絶妙さ加減のセンスが必要なのかと思う、今日この頃です。

どうしよう...うちの会社のマーケティング担当が、カラオケでロードを第一章から第十三章まで歌うような人だったら..
[PR]

by touch-go | 2005-07-27 16:59 | コラム
2005年 07月 22日
会社経営とパキラ
b0050623_16583743.jpgまえまえからオフィスの机の上に、何か小物の観葉植物を置きたいという思いがあった。
殺伐とした環境に緑を置く、というのにあこがれているビジネスマンも多いのではないだろうか?

と言うことで、無印良品で"パキラ"という植物を購入した。
直径が10cmも無いガラスの器に、茶色く丸い石が敷き詰められ、ニョキッとそそり立つ幹の真ん中から2方向に枝が伸びたパキラ、である。

無情にも無印良品原宿店の店員は、"パキラ"を透明なビニール袋に入れてワタクシに渡した。植物を購入してビニールは無いでしょ...コンビニでアイス買ってるワケじゃないんだから...

頼むから紙袋にしてくれ、と言うと、紙袋を渡された。パッキングは自分でやれ、と言うことらしい。
二度と原宿の無印良品(二階のほう)は使わねぇ...と心に誓い、ひどい扱いをされたパキラの行く末を心配しながらオフィスでの栽培が始まった。

b0050623_173345.jpgネットを見ると、器の20%程度が水に浸される状態をキープする、のが育て方らしい。
ただ、最初から甘やかすと根腐れしたり、生意気なヤツに成長したりしそうなので、器の10%程度の水を2日に1回ぐらい与える、というスパルタで臨むことにした。

スパルタの甲斐があったのか無かったのか、パキラは当初の心配をよそにどんどん成長している。
最初は5枚の葉っぱが3カ所にあったのだが、枝から新たな葉っぱ群が出てきて、葉っぱだらけになってしまった。

このままだとお互いが光を求めすぎて共倒れしてしまいそうなので、一部を剪定することにした。この場合、どれを切り落とすのか、が難しい。
・最初から生えていて、パキラ全体の高度成長に大きく貢献した葉っぱ
・後から生えてきて、今後の成長が期待できる幹部候補の葉っぱ

なんだか、企業のリストラを断行する人事担当の気分である。

と言うことで、カルロス・ゴーンばりに改革を断行し、結局最初から生えていた葉っぱを切り落としました。人間なら、多額の退職手当を積むのでしょうが、パキラの場合は、相手が葉っぱなので無情にも「切り捨て」が可能である。

これでパキラが枯れてしまったら、改革失敗の責任問題になるところですが、今のところ若手の葉っぱがすくすく育ち、全体的にも良いバランスを保っています。

ワタクシの社長としての手腕もゴーンに負けずなかなかのモノだ、とヒラ社員が悦に入る今日この頃なのでした。
[PR]

by touch-go | 2005-07-22 17:04 | コラム
2005年 07月 21日
日本の自動車産業がんばれ!
読売新聞にこんな記事が出てました。
現代自動車「ソナタ」CMにヨン様を起用 (2005年7月20日)

韓国の現代自動車は20日、秋に日本で発売する乗用車「ソナタ」(排気量2・4リットル)のテレビCMに、韓国ドラマ「冬のソナタ」に主演した人気俳優、ペ・ヨンジュンさんを起用すると発表した。
ソナタは昨秋に全面改良され、韓国や米国などでは昨年中に約23万台販売した現代自動車の主力車種の一つ。テレビCMは、「冬ソナ」の名場面を連想させる場所を、ペ・ヨンジュンさんがソナタを運転し、感慨にふける内容だという。

b0050623_16505447.jpgなかなかおもしろいCMを考えるものですね。
車に乗って感慨にふけってばかりいると、事故っちゃいそうで怖いですが。

お隣の韓国でも、車のネーミングにはこだわっていると言うことも初めて知りました。
そういえば、日本の車もこだわっているのか何なのか、よく分からないネーミングのものもありますよね。
・マーチ(march)
・シティ(citi)
・ウィングロード(wing load)
・ラピュタ(laputa)

このままだと、基幹産業である自動車の分野において韓国の猛追を受けてしまいかねないので、日本を代表するトヨタあたりにはネーミングやCMにおいて対抗策を打って欲しい。

ということで、微力ながらアイデアを出させていただくので、ぜひ採用してもらえないだろうか。
トヨタ自動車「サンバ」CMにマツケンを起用

尾張名古屋のトヨタ自動車は3月8日、大晦日に発売する乗用車「サンバ」(排気量3.8リットル)のテレビCMに、おちゃらけソング「マツケン・サンバ」を歌った人気俳優、松平 健さんを起用すると発表した。
トヨタ自動車「ステーション」CMに久米宏を起用

ステーションは昨春に全面改良され、韓国や米国などでは昨年中に約10万台販売したトヨタ自動車の主力車種の一つ。テレビCMは、「ニュース・ステーション」や「A」の名場面を連想させる場所を、久米宏さんがステーションを運転し、感慨にふける内容だという。
トヨタ自動車「チャンコ」CMに花田勝を起用

チャンコは昨冬に全面改良され、新宿や六本木ではすでに人気となっている車種の一つ。テレビCMは、「ちゃんこダイニング若」のほかに「若貴両横綱勝負」の名場面である両国国技館や二子山部屋、「遺産相続問題」を連想させる東京・杉並の天桂寺や順天堂医院などを、花田勝さんがチャンコを運転し、感慨にふける内容だという。

...調子に乗りすぎましたので、この辺で。
[PR]

by touch-go | 2005-07-21 16:52 | コラム
2005年 07月 08日
遅れる中央線とラッキーな自分
b0050623_1633085.jpg先日の朝、通勤のために阿佐ヶ谷駅の中央快速線のホームへ向かうと、大量の人が階段を下りてくる。

今日は何かイベントでもあるのか??などと思い、階段を上りきるとガラガラの電車が止まっている。
と、そこへ放送があり、「中央快速線は信号故障のためしばらく動きませ~ん。総武線へ乗り換えてくださ~い。」というようなことを言っている。

そういうことは階段を上る前に言ってくれれば良かったのに...と思いながらも、ガラガラの電車はクーラーが効いていそうで、とりあえず涼もうと電車に乗ってみたところ..

「とりあえず高円寺まで進みます」というアナウンスがあり、扉が閉まって電車が動き出した。総武線のホームにわざわざまわった人たちが、恨めしそうにこっちを見ている。

高円寺に着くやいなや、「とりあえず中野まで行きます」とのこと。
このまま"とりあえず"じゃんじゃん進んでほしいのだが、無情にも「次の中野でしばらく止まります」との放送が入る。

ガラガラでクーラーが効いた快適な電車が中野に着くと、向かい側のホームにはさらに輪をかけてガラガラな電車が止まっている。

この日に中央線を使っているほとんどの人がツイていないと思われる中、自分は本当にツイていた。
この向かい側のガラガラの電車は「新宿まで動く」と放送が入り、これまたすぐに動き出したのである。

快速なので途中の東中野などはスピードに乗って通過するのであるが、向こうの激混みの総武線の電車の中からは、またもや恨めしい目でガラガラのこっち(快速線)を見ている。

と言うことで、普段より快適に新宿までやってこれた、という他愛もない話なのですが、自分のラッキーさを自慢したいわけではなくて、こんなことで2005年下半期の運気を使っていないか、ちょっぴり心配...なのです。
[PR]

by touch-go | 2005-07-08 16:33 | コラム
2005年 07月 07日
阿佐ヶ谷栄枯盛衰とニート
b0050623_16192085.jpgすっかり更新をサボってしまいました。直前の書き込みは2月ですね...
とくに大病を患っていたワケでもなく、転機や危機が訪れたワケでもなく、ただただサボっておりました。

更新をしない間にも、世界の中心である阿佐ヶ谷は変化し続けています。
先日、パールセンターという商店街にあるゲームセンター(かなり前のblogに「トースト始めました」と言うノボリを出していた喫茶店の話題を書いた、その喫茶店の上にある)がつぶれた。

ニートとか引きこもりとか言う世の中に、少子化が追い打ちをかけ、ゲームセンターの経営もままならないのだろう。
それにしても、「ニート」っつう言葉は格好良い。家事手伝いとかプータローという響きとは明らかに違うからである。
合コンの席の自己紹介で「ぼくデザイナー、オレはアパレル、僕はニート」とか言っても、それはそれでOKでありそうな気もする。


ところで、今週に入りそのゲームセンターだった場所の改修工事が始まり、見てみると「ローソン」ができるらしい。
まったく、うかうかしているとローソンは何処にでも出てくる。

前に住んでいた芝浦地区では、ローソンの本社がある地域であるからなのか、みるみるローソンだらけになっていた。
交差点にローソンがあり、右を向いてもローソン、左もローソン、しかも30mぐらいしか離れていない、という場所もあった。ついには、私が住んでいたマンションのはす向かいにローソンができた。
"街のほっとステーション"などと言っているが、まったく気が抜けない。

阿佐ヶ谷駅の南側には、ローソンは見あたらなかったのだが、ついこの間区役所の近くにローソンができ、さらにゲーセン跡にも出店である。

ローソンは日本全体をこんな感じにしてゆくつもりなのだろうか?
24時間開いており、家の近くなので便利なのだが、ますますニートや引きこもりをやりやすい環境になって行くような気がして、ちょっと心配である。
[PR]

by touch-go | 2005-07-07 16:20 | コラム