<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2005年 12月 27日
ネスプレッソな朝①
b0050623_143822.jpgネスレというスイスの有名な会社がある。
あの「ネスカフェ」で世界的に有名な会社であるが、自分が子供の頃はたしか「ネッスル」と言っていた。

googleで「ネッスル」と検索すると、ちゃんと「ネスレ」に連れて行ってくれたりもする。
wikipediaというサイトによると、1994年頃に"本社での読みに近づけるため"改称をしたとのことで、間島先生が「マツケンサンバ・トゥー」と正確に発音していたのに通じるものがある。(無い)

ネスカフェのコマーシャルで流れるCMソングも、誰もが知っているであろう。
「♪ダバダー、ダーバ、ダバダーダバダー♪」
(いや、「ダバダー、ダーダー、ダバダーバダバー♪」かも知れない)

なんと、この歌は曲名を「DABADA」と言うらしい。
この辺の実直なセンスからして、お堅い国スイスという感じがする。

日本人では怖くてこういうネーミングはできない。
例えば、あの、さだまさしの「♪あーあー、あああああー♪」の歌は「北の国から」というタイトルが付いている。決して「AAA」などというタイトルは付けられないのである。

ネスレのサイトを見ていると、ネスカフェ・ゴールドブレンドのCMで使われるコピーも、時代とともに変遷している、ことに気がついた。
  • 初代が「違いがわかる男」で、1970年から1986年まで使われており、高倉健や池坊専永など、違いが分かりそうなセレブが名を連ねている。
  • 次が「上質を知る人」となる。和泉元彌などもこの「人」のうちにカウントされているが、上質を知り、プロレスに参戦したと言うことか。
  • そして、2000年からは「違いを楽しむ人」となり、現在は「プラネタリウム・クリエーターの大平寛之さん」なる人がCMでゴールドブレンドをゴクゴク飲んでいる。
ところで、小田和正、市川染五郎と言った何人かの面々は、コピーがついていない。

「あいつは違いも分からないし、上質は知らなさそうだ」と言うことなのだろうか..

(本当は、ネスレが販売しているエスプレッソマシーンについて書こうと思ったのだが、長くなりそうなので今日はこの辺で)
[PR]

by touch-go | 2005-12-27 14:09 | コラム
2005年 12月 16日
容赦ない迷惑メール
先日、このblogに「ユビキタスコンピューティングと水着ギャル」と言うタイトルの文章を載せた。すると、すぐにエロサイト系ブログからトラックバックがついた。
おそらく「水着ギャル」に反応して、自動でトラックバックをしているのだと思うが、タイトルというのは重要である。

ところで、ずいぶん前のことになるが、プロジェクトで問い合せ用のメールアドレスを作成した。そのメールアドレスは、問い合わせがあると関連するメンバーに同報するように設定してある。

6月末と11月に入り、仕事で行ったプレスリリース等に、この問い合せメールアドレスを記載したのだが、届くのは迷惑メールばかり...
(中には、ちゃんとした問い合わせもあるのですが、ごくまれにそういうのが届くとホッとしてしまうのです。)

b0050623_1835561.jpg
問い合せ窓口に届く迷惑メールも、見ていると傾向がつかめてきた。
大きく分けると、ソフトウェアの通販に関するものと、出会い系・エロのものがあるようだ。

まず、ソフトウェア通販は、amazon.comそっくりの画面構成のWEBメールが多く、Windows xp professionalが、49$などという破格の値段が書かれていたりする。
「カスタマーレビュー」で、★が5つついていたりするのもあり、なかなか巧妙である。

おそらく、カード番号を取得するのが目的なのだろうが、このパターンのメールはほぼすべて英語であるので、日本人はなかなかだまされないのではないだろうか。Windows xpがダウンロードで購入できる、と言うのもよく考えると不思議な状態である。

出会い系メールについては、2つの流行があるようだ。
  1. 出会い系サイトの利用料が今なら無料!とか、5,000円分の利用権をあげる、と言うもの
  2. セレブの女性からあなたに指名があったので、返信してあげてくれ、と言うもの
どうやら、出会い系でも"セレブ"は人気らしい。

この2.の方の文面は、なかなか楽しい。
セレブというのが、だいたいが"30代を過ぎた人妻"、もしくは"バツイチ女性"であり、高収入の旦那が構ってくれないとか、美容室を経営しているからカネが余っているとか、そういうシチュエーションが設定されている。
小遣いを上げるから私とデートして、と言うような文章が展開され、URLが記載されているのが王道だ。

最近になって、セレブ以外のこんなメールも多くなってきた。
  • 「【みちよっち】さん以外ギャル・OLもイブ×2・イブ・クリスマスの三日間にむけて猛ダッシュ!」
  • 「特にクリスマスに1人ってーのは女子大生のプライドが許さないね。」
  • 「今回のキャンペーンで12月24日午前0時までにカップルが成立した組、限定3組、抽選で元日HAWAI旅行プレゼント!!」
b0050623_1840315.jpg若干、意味不明なものも含まれるが、こんな大量のエロメールからも年の瀬が近づいてきたことが伺えたりするのが楽しい。

特に最後のヤツは、24日にカップルになったら翌週ハワイと言う無理めの設定、かつよく見ると綴りが「HAWAI」と、"I"が一つ足りていない。
鳥取にある「羽合」あたりに連れて行かれるのだろうか。
[PR]

by touch-go | 2005-12-16 18:40 | コラム
2005年 12月 14日
ブランドにこだわる
b0050623_2232544.jpg東京の地下鉄に"半蔵門線"という電車がある。
渋谷から永田町、九段下、大手町、三越前などを通り、2002年に押上(おしあげ)まで延長をされた。

これにより、元々東急田園都市線と乗り入れしていたのが、反対側の東武伊勢崎線方向も乗り入れが行われるようになった。

神奈川の「中央林間」から埼玉の「南栗橋」まで、100km以上に渡り気合いの入った相互乗り入れが実現している。

中央林間から東武動物公園行き、などという電車は、東京に住んでいない人からすると「どこの田舎を走る電車か?」と思われるだろうが、こんな電車がワカモノの街渋谷やビジネスセンター大手町を通って行くのである。

半蔵門線の駅で電車を待っていると、行き先を示す電光掲示板におもしろい表示が出ることに気がつく。

b0050623_223758.jpg「東京メトロの車両です」

これは、次にやってくる電車が所属する会社を表示しており、当然ながら「東急の車両です」「東武の車両です」等とも表示される。いまのところ半蔵門線の駅にだけ表示されるサービスのようである。

ネットで探してみると、東急・東武・東京メトロ各所属車両では車椅子スペースや弱冷房車の位置等が違ったりするため、運用が表示される、とのことだ。

「ワタクシは東急ブランドの車両にしか乗りませんわ」とか言うこだわりセレブに向けたご案内、と言うわけではないようである。

そういえば、以前有楽町線という、こちらは西武・東武・東京メトロの車両が乗り入れてくる電車に乗って通勤をしていた。こちらは「東武の車両です」などとしゃれた表示はないのだが、いざ電車がホームに入ってくるときに東武の電車だったりするとがっかりしたものだ。

なぜかというと「東武のヤツ」は冷房の効きが悪い、からだ。そのためか、車内が汗くさいこともある。一方、「西武の車両」はガンガンに冷房が効いているので、これは"当り"であり、なんとなくラッキーな一日が過ごせるような気がするのである。

ところで半蔵門線の駅における「~の車両」の表示は、なかなか小粋なサービスだと思うので、エイプリルフールあたりに「スイス国鉄の車両です」とか、普段は乗り入れない列車を連れてきて欲しいものだ。
[PR]

by touch-go | 2005-12-14 22:06 | コラム
2005年 12月 08日
年末モード加速中
b0050623_21395832.jpg昨日は比較的早く家に帰れたので、のんびりテレビを見ていた。

「FNS歌謡祭」が放映されており、歌手の皆様に「今年はどんな一年だったか」だとか「来年はどういう年にしたいか」と言うようなことを聞いていた。
まだ今年も20日以上あるのに、はやくも年末モードまっしぐらである。
# できれば、年末モードを振りまくのはもう少し後にして欲しいが...

そんな中、ポータルサイトの「goo」において、「goo 2005年検索キーワードランキング」なるものを公表している。
これは、その名の通りgooの検索エンジンにかけられた言葉を、多い順にランキングしたモノだ。

いろいろ示唆に富む情報が書かれている。
年間総合ランキングについて
 2005年のランキングでは、2004年のランキングにみられた韓流ブームに代わって、学園ドラマ「ごくせん」(55位) でブレイクした「赤西仁」(29位)、「KAT-TUN」(36位)といったタレント・グループ名がランクインしているほか、 2200万人を動員した「愛・地球博」(12位)、9年ぶりに復活した「たまごっち」(22位)など、 今年起きた社会現象に関するキーワードもランクインしています。
 また、2005年の特徴として、インターネットから生まれた流行が多数ランクインしていることが挙げられます。 利用者が200万人を突破した「mixi」(33位)、2ちゃんねるが生んだ「電車男」(58位)など、 インターネットユーザ以外にも広く世間に認知されるようになったインターネット発の話題が多くみられました。
とのことで、韓流ブームはピークを越えたと言うことが、こういったデータからも推察できるのである。

ところで、ランキング上位を見ると、
 1 YAHOO (100)
 2 2ちゃんねる (41.4)
 3 Google (22.9)
 (カッコ内は1位を100としたときの相対的な検索回数)
と、ダントツでyahoo!が1位なのである。

ポータルサイトのgooから、ポータルサイトのyahooが検索される....
何とも悲しい状況である。

ホンダの販売店で、日産の販売店までの道を尋ねるようなモノである。

阪神ファンが集う飲み屋に、ジャビット君の格好で読売新聞を売りに行く、ようなものかも知れないので、本当は怒っても良いのかも知れない。

gooを提供している人たちは、ぜひ奮起してもらってyahoo!のサイトで検索ワード「goo」を入れまくって欲しいものだ。
[PR]

by touch-go | 2005-12-08 21:40 | コラム
2005年 12月 06日
ユビキタスコンピューティングと水着ギャル
b0050623_16211978.jpgascii24というサイトに、東京大学の坂村先生という人のインタビュー記事が掲載されていた。
この人は日本におけるユビキタスコンピューティング分野では権威であるらしい。

インタビューでは、こんなことをおっしゃっていた。
・マネージメントで勝つために、明確な問題意識を
・日本企業は卑屈になるな

さらに、日本の国力増強に貢献すべく、新しい分野の学問を創出するのだ、と言うようなことも書かれていた。
なかなか大きなことをおっしゃっておられ、さすがは教授である。

ところで、このサイトの下の方には「独創的情報技術育成事業」の研究成果、だという汎用連想計算エンジン(GETA)を利用した、関連記事検索結果なるものが掲示されている。

このお堅いインタビューに関連している記事はと言うと...
    b0050623_16244197.jpg
  • 【夏だ!水着だ!ITだ!(Vol.2)】「電話料金が月4万円になっちゃった…」(星野加奈) (2003-08-12 / ポイント: 0.7897)
  • 【アイドル携帯チェック!!第5回】モバイルアイドルの美少女、松村あやかを直撃! (2003-08-26 / ポイント: 0.7871)
  • 【インタビュー】『21世紀の観覧車』ナナ役・福本奈々――「複雑な気持ちを演じるのが難しかった」 (2004-11-20 / ポイント: 0.7646)
  • 映画『茄子 アンダルシアの夏』トークショーをメッセンジャーで中継!高坂監督と女優・長澤奈央さんが登場! (2003-07-20 / ポイント: 0.7616)
  • 【特別企画】“秋葉原キララ★ガールズ”インタビュー(Vol.3) (2004-07-18 / ポイント: 0.7600)
  • 【特別企画】プチ座談会~アキバショップのテーマソング~ (2004-01-25 / ポイント: 0.7342)
たしかに、「独創的」な検索結果である。(上記は2005年12月6日現在のもの)

疑問なのは、どうしたら「連想計算」の結果がこうなるのだろうか。
もしかしたら、この坂村教授という人はその筋の間でアキバ系のオピニオンリーダーかつ、アイドルマニアで有名なのかも知れない。
[PR]

by touch-go | 2005-12-06 16:27 | コラム
2005年 12月 05日
年の瀬の恒例行事
b0050623_1975026.jpg今年も流行語大賞が発表された。

大賞は「小泉劇場」...
昨年に引き続き、多くの人が一度も口に出したり、文章にしていないだろう言葉が大賞を取った。

ノミネートされている言葉を見ると、「想定内(これは大賞を受賞)」「クールビズ」「萌え~」あたりは、2005年らしい言葉のように感じる。
「ちょいモテおやじ」は、元々は「ちょいワル」だったような気がするのだが、現代用語の基礎知識を発行する会社としては、道徳的でないと言う理由から変更されたのかも知れない。

サラリーマンの一人であるワタクシがノミネートするならば、今年の流行語(多くの会話で使ったことがある言葉)は、こんなところだろうか。
  • 日勤教育‥仕事でチョンボしたときに使う。用例:「なんで修正前の資料送っちゃったんだよ!おまえ明日から日勤教育な!」
  • ちょいワル‥かっこいいのか、イケてないのかすれすれのときに使う。用例:「腰に携帯電話ホルダー着けてるなんて、XXさんはちょいワルですね」
  • ピアノマン‥質問に答えられない相手、または顔は分かるがよく知らない人をたとえる比喩。用例:「早く次を言ってくれ。おまえはピアノマンか(笑)」
  • さて、もう12月。重大ニュースの発表、年末ジャンボ宝くじ、忘年会、クリスマス、とイベントてんこ盛り月間である。

    ところで、「世田谷一家殺人事件」の解決は前進したのだろうか。
    ここのところ毎年このニュースが大晦日に伝えられている。そのうち、このニュースを聞かないと年末の気分がしない、等ということになりかねないので、早く解決をして欲しいモノだ。
    [PR]

    by touch-go | 2005-12-05 19:10 | コラム