<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2006年 10月 31日
まともなプロモーションをする携帯電話会社は無いのか
b0050623_15374717.jpgソフトバンクが、またやらかした。
Yahoo!BBのときに引き続き、自社ブランドで営業開始直後に受付ができなくなる、というトラブルが起きている。
詳しくはニュースサイト等に記されているので、ここでは書かないが、Yahoo!BBに登録した個人情報が漏洩させられたワタクシから言わせると「またか」と言う感想だ。

一連の報道を見て感じるのは、ソフトバンクはITに関係が深い会社であるのに、ITの重要性に関する認識が甘いということ。
これは、受付システムが脆弱であることからも明らかであろう。

また、社員に優しくない会社であるということも感じた。
新たな料金制度なども、プロモーションを優先するばかりに、営業店にはいっさい知らされていなかったと言う。
ソフトバンクモバイル社の本社スタッフは、窓口で接客対応する社員のことを、街頭でADSLモデムを配るバイトと同列に見ているのではないだろうか。
「事件は会議室で起きてんじゃない、現場で起きてんだ!」とは、まさに今回のような事態で叫ぶセリフである。

ニュース番組等では、六本木店の店長が良く出演しているが、この人は3年後もソフトバンクで働いているのだろうか。

他社から、「さほど安くない」と指摘されるやいなや、再度料金体系を変更するなど、柔軟性が高いと見るか、ポリシーがないと見るか、意見が分かれるところだろう。
ワタクシがソフトバンクに期待するのはただ一つ、業界を引っかき回してもらって、携帯電話料金を全般的に下げて欲しいことだけである。


さて、auに目を転じると、「満足度」と言う言葉を連発し、ついには「満足割」なるキャンペーンをやっている。
かなり前から練られたキャンペーンだったのかも知れないが、「予想外」と言う言葉を連発し、「予想外割」と持ってきたソフトバンクを見た後だけに、二番煎じの感は否めない。

WEBサイトを見ると、「満足」とか「Satisfaction」などと謳っているものの、いったい何が満足なのかはいっさい触れられていない。
加えて、具体的な"顧客満足度No1"の調査結果も見あたらず、他社との差異がよく分からないのだ。

いろいろなリンクを押して何が満足なのか探してみると、エロサイトばりに新しいウィンドウが開く。
はっきり言って、満足できないサイト構成である。


NTTドコモを見ると、新しい端末のコマーシャルに、「KAT-TUN」を使っている。
こないだ一人辞めたはずなのに、6人組でCMやパンフレットに出ている。

そういえば、辞めたのではなくて「活動休止」だった。

ジャニーズ事務所は、本当は"脱退"と言いたいところを、そうするとCMに使い続けることはできないから、"休止"という安全な表現にしておいたのだろうか。

いずれにしても、MNP(Mobile Number Portability)のキラー端末となるはずの903iシリーズのCMに、安定的な活動ができないタレントを使うなど、NTTドコモの広報も脇が甘い。


各社ともMNP解禁に合わせ、てんてこ舞いの様子である。
こうしてみると、MNPに照準を定め新機種をタイムリーに投入し、比較的まともなプロモーションをしているのはauだけであり、その結果からなのか、MNP解禁以降は顧客奪取で先行しているとのこと。

王者ドコモが、ソフトバンクがゴタついているまさに今903iシリーズを投入してこれば、タイムリーだと言えるが、ラインナップが出揃うのは、しばらく先になりそうだという。

さて、明日から11月となり、年の瀬モードに入ってくる。
「予想外」は、流行語となるのだろうか。
[PR]

by touch-go | 2006-10-31 15:38 | コラム
2006年 10月 26日
グリーン車の余裕のハズが..
b0050623_19404430.jpg以前、グリーン車を使って贅沢な出張をしたいと言うことを書いた。

念願がかない(?)、ささやかな贅沢としてグリーン車に乗ることに決め、11時に上野を出発する「スーパーひたち19号」の座席を予約した。

ところが、当日は大荒れの天気で、JRの運行情報webサイトを見ると、案の定常磐線は遅れと運休が出ているという。
具体的にどの列車が運休しているかは、サイトからは分からないのでちょっと早めに上野駅に着くようにした。

すると、「スーパーひたち19号」は、車両が上野まで来ていないので運休とのことだ。
せっかくのグリーン車出張なのに...

さらに構内放送を良く聞くと、10時に出発するはずだった「15号」が遅れて、11時に出発するという。
つまり、本来19号が運転されるべきダイヤに15号が走るのである。

車内には15号の指定席を押さえた人たちが早々と座っており、自由席車両では席にありつけず立っている人もいる。
見回すと、この状況に駅員に突っかかっている人が多数いる。
おそらく、19号の指定席を押さえた人なのだろう。気持ちはよく分かる。

自分も車掌にどうすれば良いか聞くと、「15号のグリーン車に乗っても良いが、今のところ空いている席にとりあえず座っていてくれ」とのことだ。

ひと安心して座っていると、15号の本来の指定席を持っている人がやって来た。
「暖めておきました」ぐらいのギャグが言えればよいのだが、グリーン車にそんなムードはない。
すいません、とさらに空いている席に移動したのだが、また本来の指定席を持った人が来ないか、ヒヤヒヤしながらの出発前の時間であった。

そうこうするうちに、すし詰めとなった普通車から、グリーン車の通路にまで人があふれてきた。
デッキやトイレ前なども山手線のような状態である。
また、列車が遅れているため、いたる所で携帯電話ででかい声を張り上げている。

なんだか、グリーン車のゆとり、とは正反対の状況なのだった。
ペーペーがグリーン車に乗ろうなどと言う、勘違いな行動に神様がキレてしまったのだろうか..

ついでに、帰りの状況も書いておくと、16時に水戸駅についたところ、14時45分発の普通列車がまだ到着していないとのこと。
そのうち、ダイヤの乱れも回復するだろうと、しばらく後の列車の指定席を押さえることとして、昼間からのんびりとビールを飲み、後輩の愚痴などを聞きつつ待つことにしたのである。
[PR]

by touch-go | 2006-10-26 19:41 | コラム
2006年 10月 21日
高倉健の美学を見習え
b0050623_034798.jpgたまにはシゴトのことでも書こうかと思う。

最近、ワタクシの会社に若手で入ってくる人に共通した特性がある。
話がダラダラ長い、という人が多いのである。

場をしらけさせないようにするためなのか、なんなのか、とにかくしゃべるのである。
内容が聞いていて楽しければ、しゃべるだけしゃべってもらえば良いのだが、たいしたことでも無いことを延々としゃべり続けるのである。
放っておくと、さっき聞いたような話をまた繰り返していたりする。

さきほども、若手(と言ってもたぶん同い年)の後輩に、「メモを取っていて腕が疲れる」と言うどーでもいい話を延々とされた。
こちらが生返事をしていたので、おそらく3分以上はだらだらと、オチのない話を続けていただろう。

明石家さんまのマシンガントークや、女性の世間話とは性質が違っていて、テンポも無ければ全く楽しくも無いのである。

まぁ、内輪に対してだけなら良いのだが、お客さんに対してもこの調子でしゃべるからたちが悪い。

お客さんへのプレゼンテーションの場でも、句点が無い文章をダラダラとしゃべる。
内輪である自分たちも、説明を聞いて、何が論点なのかさっぱり伝わってこない。

お客さんも、そうなると早く終わって欲しいので質問などをしなくなり、何の質問も出ないことから、しゃべっている本人は完璧なプレゼンテーションが出来たモノと勘違いしてしまう、という悪循環が起きている。

自分は、どちらかというと相手に話をさせることに重きを置くし、プレゼンテーションの場でも、なるべく"キレ"のある話し方を心がけている。
具体的には、文章にしたときに、100文字以内で一度句点を置くことを目安にしている。

と、そういうアドバイスをしても、その10倍以上のボリュームでだらだらと返事をくれてしまう。
「それが、しゃべりすぎなんだよ」と言っても、どうもピンと来ないようなのだ。

"考えながら話をしていない"と言うことで、これは例えて言えば"話しながら話している"状態であり、頭が悪いと言うことである。
長く話し続けることにバリューはない。
相手に理解を促すためには、時には沈黙も必要なのだ。

高倉健という役者は、今も昔もせりふが端的でわかりやすい。
世代が違うなどと言わず、ぜひ、見習って欲しいモノだ。

「自分、不器用ですから」という有名な発言は、実は芸達者な高倉健の無意識に計算された上での発言なのだろう、とか、そういう発想は出来ないんだろうなぁ...
[PR]

by touch-go | 2006-10-21 00:34 | コラム
2006年 10月 18日
おはよう栃木?
b0050623_2226475.jpg朝、新宿駅のホームで電車を待っていると、「当駅止まりの特急、おはよう栃木号が到着します」と言うアナウンスが流れた。

結構な数の乗客が降りていくのを見つつ、なんだか安易な名前の列車があるものだと感じた。
名前と同じく、安易なデザインのヘッドマークもついている。

「おはようとちぎ」という名前からは、栃木に向かう列車を想起させるが、おはよう!とやってくる先は新宿なのである。
調べてみると、「おはようとちぎ号」は、黒磯や宇都宮から通勤客や買い物客を乗せて新宿にやってくる列車とのことだ。
一方、前橋や高崎から同じ目的で新宿にやってくる特急には「あかぎ号」と言う、いたって普通の愛称が付けられている。

特急列車に「おはよう」というネーミングを付けるあたり、JRの担当者はやる気があるのか、または斬新さを狙ったのか、時間がなかったのか、いろいろ考えてしまう。

この調子だと、年末年始の帰省に合わせて「どしちゃ(ひさしぶり)五所川原号」とかいう特急が走りかねない。

ところで、夕方には下りの「とちぎ号」が走っていて、これは「こんばんわとちぎ号」なのかと思ったら、「ホームタウンとちぎ号」を名乗っている。
...つまり、行きと帰りで、対の概念となっていないのである。

ワタクシのシゴトでこういうアウトプットを示したりすると、ボスから容赦なく叱咤されてしまうだろう。
しかしながら、人々の記憶に少しでも残り、列車の乗車率が上がるのであれば、これはこれで良いのかも知れない。
[PR]

by touch-go | 2006-10-18 22:32 | コラム
2006年 10月 17日
グリーン車の贅沢
b0050623_1241882.jpg今度、茨城県の水戸に出張することになった。
ワタクシの会社では、往復150kmを超えると出張手当なるモノが2,000円支給される。

東京23区内から水戸までの往復指定席料金は8,040円であり、手当の2,000円を足すと、約1万円となる。
旅行好きとしては、こういう機会に以下のような選択肢を頭に浮かべる。
1)普通に特急に乗っていく‥「ひたち往復きっぷ」という割引切符があり、これだと7,000円
2)高速バスを使う‥ちょっと時間がかかるが往復4,160円と安い
3)特急のグリーン車を使う‥「ひたち往復きっぷ(グリーン車)」と言う商品が、9,400円

水戸ぐらいの距離だと、手当を使って小遣い稼ぎもできたり、グリーン車に乗れたりするのだ。
と、シゴトにおいて顧客からいただいているフィーに比べると、かなり肝っ玉の小さな話題であるが、これが大阪だとバスなど乗る気にはならないし、グリーン車に乗るには手当が足りないのも事実である。

ここまで調べて、先日の大阪出張でのことを思い出した。
帰りの新幹線で3人がけの窓側に指定席を押さえたところ、京都から汗のにおいがプンプンの大柄欧米人が隣に座り、息もくさかった。
そいつはノートパソコンをパチャパチャやりつつ、ナビスコチップスターをバリバリ喰っていた。
つまり、東京駅までの間、ちょっとした苦痛を味わったのであった。

やっぱりグリーン車かなぁ、グリーン車、green car..
上野から水戸までは、たかだか1時間強の移動時間であるが、気持ちがかなりグリーン車に傾いてきている、今日この頃なのだ。

シゴトでなければ、のんびり鈍行に乗っていくのだが...
[PR]

by touch-go | 2006-10-17 01:26 | コラム
2006年 10月 16日
オオサカを実感
b0050623_1132791.gif先日、大阪へ出張してきた。
せっかくの出張なのに、「のぞみ」のせいで、日帰りが十分可能なのが物足りない。

新幹線の新大阪駅から、用件のある「大阪ビジネスパーク」までタクシーを使わせてもらった。
帰りは京橋駅から電車に乗り、せっかくなので阪急百貨店の梅田本店に寄った。

東京で阪急百貨店と言えば、有楽町にどかんと店を構えるイケている百貨店、であり、本店を"視察"してみたのだ。

この出張中に気がついたこととしては、関西では女性専用車が編成の中程のかなり良い位置にあったことだ。
東京では、女性専用にする代わりに必ず一番端っこの車両が割り当てられているが、関西における女性の地位が高い、ことの表れなのだろうか。

非接触のicocaの利用率はあまり高くない様子だが、喫茶店におけるedyの利用率がかなり高かった。
これは、大阪ビジネスパーク固有の現象だろうか。

大阪というと、良くも悪くも"せっかち"と言うイメージがある。
(大阪では、「いらち」と言うらしい)

新大阪から帰りの新大阪までの間、そんな"オオサカ"を実感した。
以下にそんな実感エピソードを書いておきたい。
①タクシーのウィンカーの音(「カッチッ、カッチッ」と言うヤツ)がせわしない
→「カチカチカチカチカチカチ」と、早く曲がらないと怒られそうなイメージ
②タクシーの料金メーターに、後どのぐらいで料金が上がるか、が表示される
→これは顧客本位で良いサービスであり、全国に普及して欲しい
③2車線道路を走っていたところ、左側からの車線合流でいきなり中央側の車線に入ってくるトラックがいることに驚く
→よく見るとそのトラックの左側には、どさくさに紛れて左側車線に入ってくる車も

④有名な大阪駅前の歩行者信号は、赤に変わるときに「赤に変わるから横断は止めろ」としゃべる
→しかしながら、平然と渡っている人多数
⑤同じ大阪駅前の歩行者信号は、青に変わるときに「まだ赤だから青になるまで渡るな」としゃべる
→しかしながら、平然と渡り始める人多数

[PR]

by touch-go | 2006-10-16 01:15 | コラム
2006年 10月 15日
2.0はいつまで持つか
b0050623_0471392.gifWeb2.0と言う言葉が一般化してきた。
本屋に行けば、Web2.0をタイトルに付けた書籍が有象無象に存在する。

私が勤める会社でも、省庁出身のカタブツ氏がWeb2.0などと言い始めた。

「うちの会社はWeb2.0的企業であるということをアピールすべき」
などと、言っている本人も本質は何ら分かっていないものの、「Web2.0」という今風ワードを口にしていることに酔いしれているような発言である。
もともと尊敬などしていなかった人であるが、こういう発言を聞くに付け、ますます自分の中での「たいしたこと無い人」度が高まる。

ところで、最近ではIT関連の用語に何でも「2.0」を付けることで、新しい概念であると言うことをアピールしたがっている傾向も見られる。
EA2.0、CRM2.0、しばらく前ではgoo2.0などというのもあった。

このまま行くと、政治家あたりが使い始めることになり、そのあたりから「2.0」は廃れていくのだろう。
「改革2.0」とか、「少子化対策2.0」とか、誰かが言い出しそう....

まだ「2.0」がフレッシュなワードである昨今、先ほどののカタブツ氏は、こういう話を信じてしまうかも知れない。
「パソコンのOSであるWindowsがさらに進化し、操作性を画期的に変革させた、『Windows2.0』がこんど発売されるらしい」
(補足しておくと『Windows2.0』とは、現在の『Windows xp』のずっと前、1987年に発売されたWindowsである)
[PR]

by touch-go | 2006-10-15 00:47 | コラム
2006年 10月 14日
google toolbarの逆鱗に触れる
b0050623_1191733.gifgoogle toolbarと言うモノがある。
ブラウザにアドオンされ、googleのサイトに行かなくとも検索ができるツールであり、最近のバージョンでは検索以外のgoogleのサービスにダイレクトにアクセスができる。

googleブックマークというサービスにもアクセスができ、これは、ブックマーク(お気に入りURL)を場所や端末に依存せずに利用できるという機能である。
自分の場合は(多くの人がそうであろうが)、ブラウザのブックマーク(お気に入り)を会社と家とで共通化できる、ことにメリットを感じよく使っている。

ところが、このgoogleブックマークに「goo RSSリーダー」のURLを登録したところ、google toolbarからgoogleブックマークが使えなくなってしまった。

googleなのに、gooなどと言うややこしいURLを登録したことが逆鱗に触れたのだろうか。

WEB版のgoogleブックマークにアクセスし、「goo RSSリーダー」の登録を削除したところ、また使えるようになった。

google toolbar様、もう二度とgooはブックマークに登録しないので許して下さい。
[PR]

by touch-go | 2006-10-14 11:09 | コラム
2006年 10月 13日
一日の長
b0050623_0482013.jpg高円寺駅の改札前コンコースでは、「マンスリースイーツ」と銘打って、月替わりで洋菓子屋が出店している。
洋菓子屋と言っても、ほとんどがケーキを目玉にしたショップが入っている。
中央線沿線を中心に、評判の良い店が月替わりでやってくるのである。

この日は吉祥寺の、とある店が入っていた。
(名前は伏せておくことにする)

ここで、ケーキでも買って帰ろうと思ったのだが、店員の対応があまりにも顧客本位でないことに驚き、買うのをやめた。

何故かというと、まず、店員がちんたら働いており、やる気が無いのである。
人気店と言うこともあり、忙しいのかも知れないが、高円寺や阿佐ヶ谷と言ったサービス激戦区に住まうモノからすると、「どーなのかな~」と思ってしまう。

「どーなのかな~」と思いながらも、客側は列を作り行儀良く自分の番が来るのを待ち、自分は3番目に並んでいた。
すると、店員は1番目に並んでいた客を無視して2番目の人のオーダーを取ったのである。

2番目の人も、1番目の人に譲れば良かったのだろうが、突然オーダーを尋ねられ、つい返事をしてしまった感もある。
これには1番目に並んでいたお姉さんもキレてしまったようで、きびすを返して店から離れていった。
実は自分もこの店員のルーズさに呆れ、ちょっとした"怒り"を感じながら、この店を後にしたのであった。
いくらモノがおいしかったとしても、この店からは買いたくない、と瞬間的に感じたからだ。

この店の店員からは「客どもに売ってやっている」と言う雰囲気が感じられたのだ。
ケーキショップとは小売業であるが、接客が占める割合も高くサービス業であるとも言える。

b0050623_0442422.jpgしかし、一度灯ってしまったワタクシの"ケーキ熱"は消すことが出来ず、高円寺のメジャー店「トリアノン洋菓子店」に向かったのである。

ここは、昭和35年から延々と続く老舗のケーキショップであり、資生堂パーラーや銀座千疋屋などに商品を納めている実力店でもある。
先ほどの店とは異なり、キビキビした店員の対応に、「さすがに長く続く店は違うなぁ」と感心し、オーダーをしたところ、閉店時間が近かったからなのか、なんとエクレアをおまけにくれたのである!

一度ケーキで裏切られた我が身に、これら一連の対応は心底身にしみた。
阿佐ヶ谷までの電車の中、感動で涙が止まらなかった...というのはウソであるが、かなり気分良くケーキを持って帰ったのだった。

おまえのケーキ感動話など興味がないわ、と言われそうだが、長きにわたり地域に愛されている店は違う、と実感したエピソードとして、取り上げておきたい。

なお、エクレアに関しては、実は自分がオーダーしたケーキよりもおいしく、次はエクレアを目当てにしたいと思わせる逸品であった。
トリアノン洋菓子店が、自分のオーダーしたケーキの種類から瞬時に判断し、ファン作りをねらって戦略的にエクレアをおまけにくれた、のだとしたら脱帽モノである。
[PR]

by touch-go | 2006-10-13 00:52 | コラム
2006年 10月 03日
うどん屋直行バス
先日、新聞でこんな記事を見かけた。
平成18(2006)年9月28日 日本経済新聞 朝刊

香川県の琴平バス(同・琴平町)は二十九日から、朝に讃岐うどん店へ直行する東京発の夜間高速バスを運行する。
(中略)
讃岐うどんを題材にした公開中の邦画「UDON」などの影響で観光客の増加を見込んでおり、毎日一便を一年間往復する。
b0050623_20585247.jpg琴平バスのホームページを見ると、このバスは東京ディズニーランドを出発し新宿を経由した上で、翌朝うどん店に到着するとのことだ。
『TDL・新宿を出発したバスは、一路「うどんの国」へ。』などと言うこじゃれたコピーが付けられている。

「TDL」から「UDON」へ。
今まで結びつくことの無かった点と点とが、2006年に初めてつながる、のである。
吉野家における牛丼の復活よりも、もっとニュースなどで取上げられても良い出来事でだと思う。

さて、とは書いたものの、ワタクシの周りには公開中の邦画「UDON」を見た人はおらず、うどんブームも起きていないのが実情である。
強気にも「1年間往復する」と宣言した琴平バスの大勝負は、果たしてどうなることやら。

もし、UDONがうまく行ったとしても、『「TDL」から「UKON」へ』などと沖縄のウコン畑にバスが直行するようなアイデアで二番煎じを狙うのは、やめておいた方が賢明だろう。
[PR]

by touch-go | 2006-10-03 21:13 | コラム